logo
【悲報】警察無線傍受してツイッターで実況した結果・・・・・・・
【悲報】警察無線傍受してツイッターで実況した結果・・・・・・・
HMTBさん  
(0)

【悲報】警察無線傍受してツイッターで実況した結果・・・・・・・




・米地方紙シアトル・タイムズによると、カラン・ジョンソンさん(47)は警察無線を傍受してはツイッターのアカウント「@ScanCouver」に投稿しており、4日午後も発生したばかりの交通事故の状況を伝え始めた。

 「ひどい事故があったみたい」とまずツイートしたジョンソンさんは、やがて状況が分かってくると「何てこと、これは本当に大変な事故だわ!」と書き込み、そのまま州間高速道路205号線で起きた事故について投稿を続けた。だが、そのうちに夫と連絡が取れないことで不安に駆られ始めた。
 「パニックにならないようがんばっているけれど、夫は今日、仕事を早く切り上げていて、いつも205号線を使って帰宅するの。さっきから電話に出ないのよ」
 シアトル・タイムズ紙が掲載したツイートの内容や、掲載されたツイート画像からは、さらに取り乱していくジョンソンさんの様子が分かる。

 「まだ帰ってこない」「職場に電話したら、夫は退社した時、ふらふらしていたって。#パニック」
「どうしよう? 夫は気を失いそうになって車を路肩に寄せたかもしれない。あるいは発作を起こしたのかも。夫はてんかん持ちなの」
「たった今911に電話して、夫の運転免許証番号を伝えたら、転送された後に、折り返しますと言われた。どういうこと? 」
そしてとうとう、ジョンソンさんは言葉少なくこうつぶやいた。「夫だった。死んだの」

 ワシントン州警察当局によると、夫のクレイグさん(47)の車は、バンクーバー近郊で中央分離帯を超えて反対車線に飛び出し、対向してきた小型トラックと衝突。クレイグさんは死亡し、トラックを運転していた女性(54)は大腿骨骨折などの重傷を負った。

 警官が訃報を伝えるためジョンソンさんの自宅を訪れたとき、ジョンソンさんは既に何が起きたか分かっているようだったという。
 ジョンソンさんは後にツイッターで、励ましの言葉をかけてくれた人々に感謝の言葉をつぶやくと午後10時半に最後のメッセージを投稿した。
「息子たちはようやく寝付いた。まるでセメントの塊が私の上に落ちてきたみたいな気分」(抜粋)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131206-00000026-jij_afp-int





むごい





バカッターは世界共通か





日本でもいそうだな





ふらふらして早退したてんかん持ちが、運転して事故起こしたと・・





米でも地方によってはアナログ無線使ってんのか





てんかん持ちが運転するなや





なぜその問題ありの夫をツイッターで監視してなかったんだ。





事故の無線盗聴とか悪趣味だな
人の不幸は蜜の味とか思ってやってたんだろ





加害者はテンカン夫





事故の被害者じゃなくて
加害者じゃん





あっちの無線はネット配信なんかあるもんね





警察無線を傍受してはツイッターに投稿てすごい趣味だな





なんでこんなことツイッターで流すかね。
子どもいるようなおばさんが、アホすぎ。





自分の妹が燃えるバスの中に居ることを知らずに写真を撮ってた報道カメラマンがおったな・・・





てんかんもちが
運転するな!

以上





バーロー・・・じゃなかったコロンボ刑事の出番か?





普段から嬉々として実況していたんだろ
他人の事故も
とうとう下った天罰だよ





てんかんなのに運転してるとか極めて悪質だろ。
殺人未遂とかにならないの?





アメリカは警察、消防無線は平で公開されてるからな
いざとなったら市民からの助力を仰ぐためらしい





てんかんが危険だということが改めてわかったな





てんかんてふらふらしたり前触れあるんだ?





映画化決定





お前の夫、加害者だろ





日本では電波法違反だが、アメリカではOKなのかな。





この手のかまって系は米国にもいるんだなあ
さすがバカッターだ





他人を巻き込まなかったのならよかったな





179view

更新日2017-01-27 02:30:00

  このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事