logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

アイルランドで900年前の聖人の心臓が盗まれる 持ち去って何に使うんだよ

93view

更新日2017-03-29 19:04:00

まとめ人:GLDNさん   (0)

1 五葉(富山県) :2012/03/05(月) 12:01:34.93 ID:0ZAvhPqXP
112

20080114094446

アイルランドの首都ダブリンで、観光名所にもなっている
クライストチャーチ大聖堂に保管してあった
900年前の聖人の心臓がなくなっているのが見つかり、
警察が捜査に乗り出した。

警察によると、なくなったのは同聖堂内のチャペルにあった
聖人ローレンス・オトゥール(1128〜80年)の心臓。
ハート形の木箱に収められ、檻(おり)で囲って壁に打ち付けてあった。

2日夜から3日正午の間に持ち去られたとみられるが、
この間に侵入されたり破壊されたりした形跡はなかったという。

報道によれば、チャペルにはほかにも金の燭台などの
貴重品があったにもかかわらず、心臓の他には何も持ち去られて
いなかった。教会関係者は心臓の紛失に大きなショックを受けている。

カトリック教会では聖人の身体の一部を聖なるものとして保管することがある。
前ローマ法王の故ヨハネ・パウロ2世が昨年、聖人の前段階である
「福者」に列せられた際には、血液の入った小瓶が展示された。

http://www.cnn.co.jp/fringe/30005808.html









このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin