logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

【モバマス】 周子「ただ風が騒いでじっとしてらんない」

132view

更新日2017-03-26 13:07:00

まとめ人:GLDNさん   (0)

20150421_20
1 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:01:31.33 ID:eMyWjX9N0



「――――お疲れ様でしたー!」


「――お疲れさま――――」


「お疲れ―――」



―――――――――――――――
――――――――――
―――――



「……もう一度、言っておくわね……ふふっ、おめでとう」


「おめでとうさん……ほんまに、ほんまに、おめでとうさん。……ぐす」



未だその活気と熱気が収まらぬ、春の夜空の下
私は仲間からの賛美の声をひたすらに聴き入れる
中には泣いてしまう者もいて、私が成し遂げたことの重みをひしひしと感じさせる

この夜空の中、輝く一番星に見守れらてたくさんの仲間から浴びるその声は
誰も訪れたことの無い様な深緑の水面に、雨水のように身を堕とし、連なる波紋を生み出す
それはとても心地いいもので、頭の中で燦燦と輝き、胸の奥の奥を熱く燃やす










2 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:04:39.33 ID:eMyWjX9N0



第四回総選挙、私は1位だった

私は、シンデレラガールになった

幾日、幾月、幾年、掛かっただろう

どれだけの時間が、過ぎたのだろう

辛くて大変で楽しかったあの日々、その全てが一時の出来事に思える



「……もー、ほら。紗枝ちゃん泣かんといてー」


「そ、そないな、こと、いっいったっ、て…………ふえぇぇぇ……」



涙で濡れた彼女の真白は頬を、優しく指で拭う
冷たく暖かい、止まる気配を見せないこの涙が指を触れる
私の為に泣いてくれるこの娘の優しさを、愛を、指先から全身に伝わらせる
そしてまた、私は笑う









3 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:05:17.72 ID:eMyWjX9N0



「貴女、この後はどうするの?寮、帰る?」


「ん、そーだね。ちゃちゃっと……………あ、ごめん」


「?」


「私、事務所に忘れ物してたんだよねー。取ってから帰るん」


「あら、そう。分かったわ、先に寝てるかもしれないから……おやすみ」


「うん。おやすみ」



もう打ち上げの解散を始めていた、CGプロダクションの面々
その間を通り、あの人を探す

ささっ。と歩いていても、その間皆から掛かる声は止まらない
私はその声にきちんと返事をして、それを幾度となく繰り返しながら、その背中を探す


この軍勢の端の方、そこにあの人はいた









4 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:05:49.26 ID:eMyWjX9N0



「Pさん」


「周子。お疲れ様」


「うん」


「どうした?奏、帰っちゃうぞ」


「いーの。Pさん、これから事務所戻るでしょ?」


「あぁ」


「私……えー、と、忘れ物、しちゃったからさ」


「ん、そうか。なら一緒に行こうか?」


「うん」


「車は無いから徒歩だが」


「いーの」


「そうか」


「うん」



星達に見守られた私達は、皆に別れの挨拶をして、二人共に事務所を目指す









5 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:06:23.90 ID:eMyWjX9N0


「…」


「…」



沈黙

心地よい沈黙

私の自論だけど
沈黙が気まずくない関係って、素晴らしいと思う
友人でも、恋人でも、家族でも
心地よい、安心できる沈黙って言うのは、信頼の現れだと考えているんだ


けれどもその素敵な沈黙は、私が自ら破りにいくのです



「Pさん」


「ん」


「ありがとーね」


「あぁ」

「俺こそ」

「ありがとう」


分かっていたかの様な返事に、私の口角が上がる
それを見たPさんも、静かに笑う








6 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:06:58.17 ID:eMyWjX9N0


「見て」

「これが私の翼」



「まだマトモには飛べなかった、私の魅力だよ」



私はさ
私は、思ったんだ
周りの、魅力的なアイドルの皆に埋もれていた、私の姿をちゃんと見てくれていたのはPさんなんだって


「Pさんは、私の魅力を全て分かっていたの?」


「俺はそのつもりだが」


「ふふっ、だよね」


世間体や上辺だけを気にした、つまらない顔は見せないよ
今迄もそうだし、これからもそう
本当の顔でうたうよ








7 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:07:49.62 ID:eMyWjX9N0


「キレイな夢を見たんだ」

「アイドルとして輝く、皆の姿」

「どれもが満点の星のようで、私はいっつも見惚れていたよ」



その夢は、本当に夢だったのかもしれないけれど

私がその光景を忘れてしまうことはないだろう

例え世界が水で埋もれてしまっても、鉛の空に覆われても、紅の蛍に塗れたって

いつまでも、いつまでも、覚えているだろう









8 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:08:21.04 ID:eMyWjX9N0



「私はそれに混ざりたくって、一緒に輝きたくって」

「今もふんとーちゅー」


「でも」


「でもね」

「ふふっ、そうだよ」

「まだ、終わりじゃないから」

「皆の輝きの中に、私は混ざれたのかもしれないけど」

「これで終わりじゃないから」

「まだ、まだ、最高の輝きを放ち続けないと、ね」









9 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:09:18.73 ID:eMyWjX9N0


「Pさんは、私を愛してくれた?アイドル塩見周子を、愛してくれた?」


「当たり前だ」


「うん。知ってる」

「私は、私自身の努力と、Pさんのおかげで成長出来たんだ」


Pさんがこぼした愛は、私に全部染み込んで
穢れ無きその愛がアイドルとしての私を成長させる
そして、ついに
明日を迎えることが出来た


努力が報われる、とはこういうことなんだろう、って
空を見上げると眼前に飛び込んでくる満天の星空
いつの間にか仲間を増やしていた輝き、その一つ一つの光が、何となーくそう思わせる









10 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:10:08.54 ID:eMyWjX9N0



私は煙のような街で眠っていたんだ
皆のように輝くことが出来なかった、濁った水晶玉のようなあのとき
まだ、アイドルとして目覚めることが出来ていなかった、あのとき


でも、今は違うよね
あのときの私は、今の私でもあるけれど
それでも今の私は、人一倍強い輝きを纏っている
それは、驕りでも怠慢でもなくって
自分と力とPさんの力、皆との時間のおかげで鋭く研ぎ澄まされた、煌く輝きなんだって
自信を持って、そう言える



「喉が渇いてるだけじゃない、高みに上りたいだけじゃない」

「もっと、もっと、上に行きたいんだ」

「始めたからには、ずっと」

「ずーっと」

「だから、Pさん」



終りのない終わりに、前だけ向いて向かっていきたい









11 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:11:01.52 ID:eMyWjX9N0



"終りだよ"って

"あきらめな"って

そんな音、私には聞こえない

そんなつまんない音何か、両手で耳塞いでぜーんぶ無視しちゃう



「シンデレラになった私は、これから何処にいけるんだろーって」

「どんなものが待ってるんだろーって」

「どんなものが見えるんだろ、って」

「それが楽しみで、仕方ないんだ」

「ワクワクが止まらないんだ」









12 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:11:46.75 ID:eMyWjX9N0



「今日も探してるんだ」

「シンデレラになった今でも探してる」



私にもっと似合うシンプルスカイ


私が


「最高に輝いていられる、その場所」


アイドルとしての私が、ひたすらに輝いていられる、そのどこか
まだ見付けられていない、その素晴らしい素敵な場所


「雲が邪魔したって、怯まないよ。吹き飛ばして見せるんだ」

「だから」


「あぁ」


「これからも、よろしくね」


「分かってる」


「だよねー」









13 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:12:33.61 ID:eMyWjX9N0


―――――――――――――――
――――――――――
―――――


「所で周子、忘れ物ってのは何なんだ?」


「ん?あぁー……それ、勘違いかも!」


「えぇ……」


「へへ、いーじゃん別にー。ほら、さっさと事務所入ろ」


「あぁ、分かった。………押すなって」


「ふふっ……ね、Pさん」


「ん?」


「ちょっとさ、ちょっとだけ。少しだけ、振り向いて欲しいんだ――――







今なら、この真っ赤な顔も、最高の笑顔で見せられるかな
誰でも持ってる明日は、もう来ちゃったけど
色んな希望が混ざった虹は、もうずーっと後ろにあるけれど


これからは、どんな世界が待っているんだろう

あぁ

楽しみだなぁ


熱くて吐き出した愛も

いつかきっと、飲み干せるさ











14 ◆5/VbB6KnKE :2015/04/21(火) 19:13:31.42 ID:eMyWjX9N0
おしり
おめでとう






15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/21(火) 19:18:02.09 ID:gTY+2B4P0
乙、そして…
塩見周子、シンデレラガールおめでとう!





このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin