logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

【謎】超大型の竜脚類 普通に考えればそんなの存在したわけないのに、化石が残っている現実

193view

更新日2017-02-09 01:15:00

まとめ人:PhIさん   (0)

【謎】超大型の竜脚類 普通に考えればそんなの存在したわけないのに、化石が残っている現実




アルゼンチノサウルス
発見されているのは脊椎骨、脛骨、不完全な肋骨、仙骨など一部のみである。
1個の脊椎骨だけで長さが130cmほど、脛骨は155cmほどある。
これらのデータから全長は約35- 45m(比較資料:1 E1 m)、体重は約90- 110 tあったと見積もられている。
脊椎骨の大きな突起には巨大な筋肉が付着していたものと見られる。
本種を「存在可能な最大級の恐竜であろう」と考える学者もいる。

398px-Argentinosaurus_DSC_2943


2: ヤマネコ(東京都):2012/10/21(日) 05:36:26.15 ID:sdhX4fJM0
古代は重力が違ったとかトンチキな事言い出す奴って必ず居るよな



122:
ハイイロネコ(東京都):2012/10/21(日) 09:01:16.99 ID:v7UuO9Ef0
>>2
独楽と同じで減速している
昔は自転速度が速かった=遠心力が強い為重力が若干弱かった
将来的には一日が24時間以上に延びて重力が強くなり
大型の動物が居なくなるか大型は水棲になると思う



3:
トンキニーズ(茸):2012/10/21(日) 05:39:19.94 ID:VXhSY2QCP
化石のDNAから複製できないのか?



112:
サイベリアン(岡山県):2012/10/21(日) 08:34:47.02 ID:ekylfp9O0
>>3
DNAにも寿命があるから無理って聞いた



4:
コドコド(東日本):2012/10/21(日) 05:39:29.35 ID:mdCxRiqT0
骨の強度が違うんじゃなかったか?
それで筋肉もたくさん付けることができて大型化できたんだべ?



5:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 05:43:35.16 ID:WoA1M9EfP
骨の強度がちがう、ってなんなん?なら今の生物は退化してるの?
鳥の骨は軽くできてるし、象とかは重いけど、
強度そのものはほとんど変わらなくて形で工夫されてるワケで
鉄のように硬いカルシウムだったの?



8:
コドコド(東日本):2012/10/21(日) 05:45:50.72 ID:mdCxRiqT0
>>5
そういう説があるってことよ
詳しいことは学者さんじゃねーから知らんよ



12:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 05:50:27.74 ID:WoA1M9EfP
>>8
鉄のように硬かったと仮定しても、鉄のように硬い骨を持つなら、成長にも非常に時間がかかるはずだし、カルシウムはそこまで硬くなるはムリだからカルシウム以外の主成分だった骨になる
つまり恐竜はいまの鳥や爬虫類とは完全に別種と考えるべきだお
スケーリー
ウロコフネタマガイ
2001年にインド洋から発見された巻貝である。体表に硫化鉄でできた鱗を持っており、
鉄の鱗を持つ生物の発見として注目された。その鱗の様から俗にスケーリーフットとも呼ばれる。
体の構成成分として硫化鉄を用いる生物の報告は本種が最初であった。





21:
バーマン(dion軍):2012/10/21(日) 05:58:15.64 ID:SDJlsm2k0
>>5
今より大気が薄く重力が小さかったので、巨大生物でも楽々運動できてた。



26:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 06:03:40.87 ID:WoA1M9EfP
>>21
大気が薄かったら翼で飛ぶのは大変になるんだけど・・・
重力って、たかだか1億年でそんな変わるもんなん?
だいたい重力ってチキューの質量に依存して変わるんだよね?どうなのそれってさ
地キューの重力がむかしは軽かったのなら月は今はどんどん近寄ってきてないとおかしいよ?



14:
コドコド(東日本):2012/10/21(日) 05:52:48.16 ID:mdCxRiqT0
たとえば飛翔性脊椎動物の体重限界は22,7Kgで
10Kgを超えると飛翔が難しくなり、15Kgを超えると自力で飛べなくなるってのは有名だよな?
プテラノドンも翼がデカイけど体重は20kgもなくて滑空しかできなかったなんて言われているけど
実は1t近い翼竜の化石も見つかってて謎だらけなんだよね
だから昔は重力が違ってんじゃね?とか骨の強度とかって話がでてきたわけさね




19:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 05:57:55.51 ID:WoA1M9EfP
>>14
単純に翼竜は飛んでなかったんだとおもう
モモンガやムササビだってしょっちゅう飛んでるワケじゃないし
いざとなれば滑空できる陸上生物、そんな感じ。小型のはコーモリみたいに飛んだかもだけど
翼があっても飛べない生き物は今でもいるしね



24:
ヤマネコ(東京都):2012/10/21(日) 06:02:00.63 ID:sdhX4fJM0
>>14
翼竜に限らなくても、600万年前にアルゼンチンあたりに生息していたという
鳥類の「アルゲンタビス」は、翼長7~8m、体重は100kg前後あったと推定されてる。
残ってる骨格から鑑みても、飛行の為の身体構造としか考えられないんだが、
これも大きな謎になってるんだよな。



86:
三毛(東日本):2012/10/21(日) 07:34:23.48 ID:EtXT3xuk0
>>24
アルゲンタビスの復元模型の写真はUMA系の本で良く見たが、この写真以外見た事無いんだよな。

巨大コンドル アルゲンタビス・マグニフィセンス




106:
ジャガー(東京都):2012/10/21(日) 08:23:51.32 ID:tQbah43E0
>>86
この写真見ていっつも思うけど、
左のでかいエビみたいのはなんだ?

あと翼を何人かが直接手で支えてないか?
普段どうやって保管してたんだ?
貴重な標本や剥製に何してくれてんの?



…どうかフェイクではありませんよーに人



110:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 08:26:37.31 ID:WoA1M9EfP
>>106
これ、ただの想像で書いた板だよ?貴重じゃないし
となりのは恐竜、草食っぽいやつの尾の部分だね



28:
コドコド(東日本):2012/10/21(日) 06:04:36.58 ID:mdCxRiqT0
翼竜に限らずたとえば長い首を持つ恐竜が生存するためには、
筋繊維の断面積当たりの力が何倍も必要らしいでそ?
タンパク質で作られている以上、そんな力は絶対に出せないんだべ?



31:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 06:05:55.38 ID:WoA1M9EfP
>>28
水中なら(ry



38:
ヤマネコ(東京都):2012/10/21(日) 06:14:31.90 ID:sdhX4fJM0
>>28
恐竜の筋肉は内部にいくつもの気嚢が存在していて、酸素の配分速度や燃焼効率が
現在の生物の何倍も優れていたため、より大きな力を出す事ができたのではないか、って説がある
それゆえに恐竜たちの生息していた時代の地球は、
現在よりも酸素濃度が濃かったのではないかとも言われているな。



32:
トンキニーズ(茸):2012/10/21(日) 06:07:25.74 ID:VXhSY2QCP
大気が濃い方が空気抵抗で飛びにくくなると違うん?



34:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 06:10:15.29 ID:WoA1M9EfP
>>32
ちがうお。真空を翼で飛ぶのは大変だよね?ってかムリ
逆にちょう濃密な大気、つまり水くらい濃いなら人間でも飛べる。いや、泳げる
泳ぐのも飛ぶのも本質は同じなんだお



44:
アフリカゴールデンキャット(東京都):2012/10/21(日) 06:21:50.32 ID:+2WFpgMt0
温暖な気候と酸素濃度が高けりゃ大型化するだろ。
昔、金魚を高濃度の酸素で育ててたのが、馬鹿みたいにでかくなってたのをテレビで見た



45:
しぃ(関東・甲信越):2012/10/21(日) 06:25:09.86 ID:15HBb6U8O
>>44
地上でどうやってその巨大な身体を支えていたの?ってことでしょ?



47:
アフリカゴールデンキャット(東京都):2012/10/21(日) 06:29:25.41 ID:+2WFpgMt0
>>45
象のでかい版だと考えれば、筋肉と骨格がしっかりしてたんだよ
竜脚類でも常時首をもたげてた訳でもないし



46:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 06:27:06.31 ID:WoA1M9EfP
>>44
脊椎動物は寒いほうが大型化するんだよね
金魚は水中でいきてるから、その気になればいくらでも大きくなっても不思議じゃないお
恐竜は大きいけど、それでも今のシロナガスクジラのがはるかに大きいよ
まあもっと大きい恐竜もいたかもしれないけどさ



101:
アメリカンボブテイル(関西・北陸):2012/10/21(日) 08:06:34.06 ID:oM8Ek8jFO
>>46
海底全て調査できないんだから深い海にはもしかしたら想像できないくらいのがいたかもな



53:
スナドリネコ(家):2012/10/21(日) 06:38:51.57 ID:AIOs7C570
まあ陸に限らず海も巨大生物だらけだったからな。
サメも今の二倍以上でかいメガロドンとか




62:
イリオモテヤマネコ(奈良県):2012/10/21(日) 06:49:39.25 ID:e/xD85nO0
まぁ別に翼があったからといって飛べるとは限らない訳ですし
威嚇用として翼があった方が良かった恐竜も居たんじゃない?
例えば自分を大きく見せるだけで相手にとっては脅威であるわけで
かといって大きすぎても邪魔で動きか限定してしまうわけですよ
自分を大きく魅せたいでもコンパクトな体型を維持したい
この欲求ってのは現代でも受け継がれてるわけで


つまり翼ってもんはロマンなんですよ



65:
マンチカン(茸):2012/10/21(日) 06:51:53.87 ID:p3nda8M7P
>>62
トンボでさえ1mくらいあるからなw



68:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 06:55:24.92 ID:WoA1M9EfP
ト、トンボが1m・・・?飛べるはずがない
昆虫は羽をめちゃ複雑に動かして飛ぶ、特にトンボは
そのトンボが1mで、しかも飛ぶとか・・・



75:
ピューマ(長屋):2012/10/21(日) 07:18:22.44 ID:tp2g+JX/0
人差し指を空に向かって立てていると
1mのトンボがワサッと止まる時代。



151:
ジャガー(群馬県):2012/10/21(日) 10:43:11.22 ID:KqqiFroE0
>>75
ただ立ってれば頭の上に止まってくれるんじゃないかな?



153:
ユキヒョウ(静岡県):2012/10/21(日) 10:47:49.09 ID:7Tw2F/y30
>>151
そのままガブリか・・・



80:
ジャガー(新疆ウイグル自治区):2012/10/21(日) 07:22:55.14 ID:OdLy3kPm0
古代人が未来人をびびらす為に作ったんだよ。
俺たちも一億年後の為に化石作ろうぜ。



82:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 07:27:26.15 ID:WoA1M9EfP
もしかして1mのトンボ、背中に装着したら飛べるんじゃね?



141:
黒トラ(東日本):2012/10/21(日) 10:24:04.46 ID:UPRNZ6MK0
>>82
141_1



145:
ぬこ(兵庫県):2012/10/21(日) 10:29:38.97 ID:ZuH8jrw10
>>82
これもしかして餌・・・



97:
デボンレックス(WiMAX):2012/10/21(日) 07:59:27.12 ID:cKZRFSaT0
もうめんどくさいから、神様が天地創造のときに化石も作って埋めたってことでいいじゃん



109:
ユキヒョウ(静岡県):2012/10/21(日) 08:25:59.47 ID:7Tw2F/y30
>>97
神の手か・・・



114:
ノルウェージャンフォレストキャット (家):2012/10/21(日) 08:44:52.27 ID:vaKPHPD+0
きっと体内に浮力のあるガスを貯めてたんだよ



136:
ジャパニーズボブテイル(千葉県):2012/10/21(日) 10:00:16.55 ID:YY5QpQZo0
鳥なめんなよ?
136_1



138:
ユキヒョウ(栃木県):2012/10/21(日) 10:03:19.13 ID:Dcuq4fuD0
ディスカバリーチャンネルのドラゴン伝説で
可燃性のものを食べて歯を火打石のようにして発火して炎を吐くという
超理論を展開してた科学者がいたけど、おんなじ様な理屈でブボモワっと飛んだ生物はいたのかもな



140:
キジトラ(中国・四国):2012/10/21(日) 10:20:05.58 ID:DX9OnUfTO
恐竜サウルスで骨格模型で遊んだわ。
トンボが80センチの時代なんだから当たり前。

たしか今と違うのは空気中の酸素と二酸化炭素の濃度だろ。



147:
スペインオオヤマネコ(神奈川県):2012/10/21(日) 10:31:52.09 ID:CSaTdyls0
昔は学者がハチはあの羽と体では理論的には飛べないとか言ってたんだからそれと同じだろ
実在したものを否定してもしょうがない



155:
シンガプーラ(チベット自治区):2012/10/21(日) 10:51:31.39 ID:lb0IFIbM0
化石が埋まってるのは
設定

この世界はゲームと同じ
設定されたある時点からいきなり始まってる



162:
ノルウェージャンフォレストキャット (京都府):2012/10/21(日) 11:05:14.97 ID:8ZFQYaL90
地球は爬虫類人に支配されている



163:
スナドリネコ(家):2012/10/21(日) 11:09:52.44 ID:AIOs7C570
>>162
これか
163_1



164:
バーマン(大分県):2012/10/21(日) 11:11:45.02 ID:evYWOBGl0
翼竜もペンギンみたいに水中生活してただけだろ。
巨大なやつらはほとんど水中が基本。



166:
アムールヤマネコ(新疆ウイグル自治区):2012/10/21(日) 11:23:51.21 ID:Q1xwMIZs0
地球の遠心力って地球の重量にくらべたらほんの微々たる力じゃないの



171:
ブリティッシュショートヘア(山梨県):2012/10/21(日) 12:56:09.78 ID:XiGR8xiG0
>>166
極と赤道で体重を量ると微妙に違う

0.5%くらいだな



215:
ヒョウ(大阪府):2012/10/21(日) 16:46:50.57 ID:AaQTW+7OI
>>166
ある物体を北海道と沖縄で重量測定したら
50g(500gだったかな?)ほど沖縄で計った方が軽いという結果が出た
ソースはナイトスクープ



217:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 16:49:16.58 ID:WoA1M9EfP
>>215
マジで?!
今度からお肉たくさん買うときは沖縄で買おう



227:
ボルネオヤマネコ(東京都):2012/10/21(日) 16:55:59.99 ID:eoQfzMnN0
>>217
真面目な話、地球の自転の遠心力を受けるときに、自転軸からの
距離が違えば遠心力も変わる。

なので、低緯度と高緯度ではこれらを補正するようにハカリに補正が
かかっている。ナイトスクープの実験は多分同じハカリを北海道と
沖縄に持っていって実験してみたものだろう。
スーパーのハカリなんかはその地域の緯度に合わせて設定されている
から沖縄で肉を買うと大量に買えるということはないと思う。



174:
しぃ(関東・甲信越):2012/10/21(日) 13:05:07.62 ID:e363wGLOO
初めは小さな身体だった恐竜も、進化の過程で栄養状態が良くなり、徐々に巨大化した。
が、巨大化しすぎて飛べなくなり、歩けなくなり、死亡した。
それが大きな恐竜の化石。

小さな恐竜の化石は、巨大化する前の姿が発掘されたものなのだ。
要するに食い過ぎ怠け過ぎでデブになり、死んだ。
これが恐竜のなぞの正体なのだ!!



180:
マンチカン(dion軍):2012/10/21(日) 13:15:44.28 ID:QjwMdDQC0
俺の小さい頃は恐竜の色ってわからないって説が主流だったけど
解決したの?

やっぱりワニとかトカゲみたいな暗緑色系なのか?



185:
ボブキャット(熊本県):2012/10/21(日) 13:27:51.83 ID:HUC0UR9j0
恐竜は兵器
人類より早く存在した地球の支配生物は
生物兵器として恐竜を作り出したが
やがて争いは激化し滅んだ
翼竜には何らかの生物的推進装置(バイオジェット等)が備わっていたと考えられる



253:
リビアヤマネコ(WiMAX):2012/10/21(日) 17:59:33.09 ID:e9u/Jar70
>>185
さよならダイノサウルスか



209:
ソマリ(WiMAX):2012/10/21(日) 16:22:55.11 ID:CV5WyfJd0
鳥人間コンテストであれだけ飛べてるんだから飛べるだろ
人間の脚力ごときで10km以上飛ぶんだぞ?



214:
リビアヤマネコ(岐阜県):2012/10/21(日) 16:43:53.07 ID:5CSkGWRT0
ところで地球の大きさってずっと同じだったの?



221:
縞三毛(千葉県):2012/10/21(日) 16:51:48.54 ID:iu7Paa5d0
>>214
毎年トンの単位で増えてる
隕石が燃え尽きても粒子はゆっくり地上に落ちてくる



228:
斑(関東・甲信越):2012/10/21(日) 17:06:32.97 ID:19iRP2HVO
あんな巨大な骨を作れるぐらいのカルシウムが植物から摂れるもんかね



230:
マーゲイ(新潟県):2012/10/21(日) 17:10:53.75 ID:F2nlKQ8S0
>>228
現代の地球にはおよそ70億の人骨が存在する。



239:
ボルネオヤマネコ(東京都):2012/10/21(日) 17:26:56.15 ID:eoQfzMnN0
>>228
意外と草はカルシウム摂取できる(食べる量が桁違いなので)という話を聞いたことがある。
あとは水かなぁ。世界のほとんどは硬水飲んでたりするわけで、日本みたいに軟水が
豊富な地域って例外だろうから。



234:
ライオン(広島県):2012/10/21(日) 17:14:29.42 ID:WcqdSBoI0
お前ら自転だとか重力だとか難しく考えすぎ
筋肉が現代の常識では考えられないくらい強靱に発達してただけだよ



246:
黒トラ(禿):2012/10/21(日) 17:46:11.54 ID:17JwBlah0
ふと思ったんだが、首の長い恐竜は草食だったんだよな
という事はだ。植物も背が今より高かったという事になる
低重力化云々は、実際に人工的に低重力を作り出して、そこで栽培してみりゃ良いんじゃね



252:
ボルネオヤマネコ(東京都):2012/10/21(日) 17:55:33.49 ID:eoQfzMnN0
>>246
高い位置に頭があるということは、キリンのように強力な心機能を有して
高血圧で血流を送り出してやらなければいけない。
が、特に竜脚類の心臓はそれほど大きくないのではという研究結果があり、
また竜脚類の生息地域が乾燥地帯で低木の多い地域が多いことから
推測して、首を持ち上げているでのはなく、地面に水平に首を伸ばし
首を振ることで広い範囲の植物をエサにすることで生存を有利にする
効果があったのではないかという学説があるらしい。



266:
マーゲイ(新潟県):2012/10/21(日) 18:16:15.97 ID:F2nlKQ8S0
>
>翼開長はロンギケプス種で約7 - 8m、ステルンベルギ種では約9mもの大きさになるが、
>揚力を稼き出すための翼は羽毛ではなく皮膚と同じ組織でできている、膜状の翼である皮翼で、
>骨格はいたって軽量な構造体となっている。 推定体重は15 - 20kg(比較資料:「質量の比較」)と
>中型犬と同程度でしかなく、力強く羽ばたくために必要な筋肉量を付着させ得る骨表面のスペースは、
>通常的に鳥類ほど多くない。

とりあえず、みんなが考えるプテラノドンのイメージが個別に違うのではなかろうかと思ってwikipediaのプテラノドンの項をば参照にて。
[要出典]はひとまずおいといてほしいw

翼開長約7 - 8m
推定体重15 - 20kg


ちなみにアホウドリは7kg程度らしい。(wikipediaによる)



275:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 18:30:03.84 ID:WoA1M9EfP
>>266
体長9mで20kgて
まあ自力で平地から飛べるならそんな計算になるんだろうけどさ
5cm角で長さが9mの木の棒と同じくらいの重さとか。やっぱり偉い人の考えることはわからないや



279:
リビアヤマネコ(埼玉県):2012/10/21(日) 18:54:30.42 ID:XjfmAmfw0
アパトサウルスでさえ謎なのにセイスモとかどうすんだろうね
アルゼンチノとかギャグだろ



295:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 19:31:23.35 ID:WoA1M9EfP
1億年後
「むかしの人間て身長170cmもあったらしいよ」
「人間がそんなにデカいワケがない。だいたい骨がもたないだろう」
「クラス1、背が高いやつが16cmだぞ。170とかありえね」
こんなかんじ



296:
ボブキャット(東京都):2012/10/21(日) 19:33:54.91 ID:5EyESQET0
>>295
なにそれかわいい



303:
キジ白(関西・北陸):2012/10/21(日) 21:30:24.02 ID:JOaUmDJiO
俺たち人類にも全く別系統の身長6Mの巨人族タイタン族がいてだな
実は重力が軽くて中緯度~赤道の暮らし安い暖かい食料が豊富な地域は巨人族タイタン族が住んでいて、
俺たち小さい人類は高緯度の寒い食料が少ない地域に追いやられて住んでいた
しかし氷河期で巨人タイタン族も食料不足で数が減り、そこに高緯度から寒さと食料不足に追われてきた俺たち小さい人類が巨人タイタン族の地域に入り、熾烈な生存競争戦争になった。



305:
マンチカン(SB-iPhone):2012/10/21(日) 21:34:39.99 ID:WoA1M9EfP
>>303
ラノベの導入みたい。おもしろそう



313:
ぬこ(北海道):2012/10/21(日) 21:47:43.85 ID:C+Qagq26O
ティラノサウルスは走れないとか草食恐竜の痛みは何十秒後に伝わるとか。
毛が生えていたとか始祖鳥なんかは飛んでいた→やっぱり滑空しか出来なかったとか。
ここ何十年の間に説がコロコロ変わる。
結局想像以上でも以下でも無いんだよな。



314:
デボンレックス(東京都):2012/10/21(日) 21:50:27.01 ID:GnSd3PT00
そりゃそうだろ
仮想の話なんだからさ
誰かジュラシックパークでも作れよ



340:
デボンレックス(埼玉県):2012/10/22(月) 08:15:24.28 ID:+RLqczBP0
スレ一通り読んだんだけど、やっぱりよくわかんねって結論でいいのか?



351:
茶トラ(関東・東海):2012/10/22(月) 12:42:18.81 ID:ZlC0mVVgO
>>340
当たり前だろ



347:
アメリカンワイヤーヘア(沖縄県):2012/10/22(月) 12:26:34.39 ID:A2tXUt+b0
現生生物を基準に限界を推定するからおかしくなる
現生生物が大型化の構造的限界を追求しておらず、
実際の限界は大型恐竜以上のところにある、ってだけだろ

重力変化()とか生物学者が大型化限界の算定式の間違いを認められずに
他分野のトンデモ論にしがみついただけ



359:
ボンベイ(神奈川県):2012/10/22(月) 15:23:55.47 ID:N3nez/780
>>347
まあこれだわな。
「そんなに大きいのは不可能!」が似非科学なんだ。



23: 猫又(庭):2012/10/21(日) 06:00:25.53 ID:37CxCNs80
飛ばない翼竜とか夢のないこと言うなよ
飛んでるったら飛んでるの




転載元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1350765318/















℃-ute

ZETIMA 2012-11-21
: 36

by

このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin