logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

旧日本軍って強かったの?

190view

更新日2017-02-08 23:17:00

まとめ人:PhIさん   (0)

旧日本軍って強かったの?




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:07:58.40 ID:iabceZiR0
弱いイメージしかないんだけど

機銃で壊れる戦車とか



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:08:16.48 ID:kFHCs4sq0
ゼロ戦あるじゃん



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:08:37.75 ID:VS/7n/l00
零戦はパイロットが強かっただけ


太平洋戦争中の零戦や紫電改、戦略とかの話してくれ




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:11:59.18 ID:9x+rP+QO0
>>3
当時の各国の主力戦闘機と比べても武装、速力、航続力、格闘性能、
全てにおいて見劣りするどころか優っている



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:14:58.44 ID:n9tINZnE0
>>20
ただし、形勢が傾いてからというもの
まともに製造できなくてロクでもないもの飛ばしてたからな
零戦の記録上のスペックは維持できてないのが悲しい現実よね



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:10:06.81 ID:mpGFIJXR0
ジャングルからイギリス兵を駆逐したじゃん



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:13:05.61 ID:UEM3IAYE0
>>11
マレーのイギリス軍には航空機どころか戦車すら無かったからね
それを帝國陸軍は戦車でぶち殺しながら進撃した



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:10:28.67 ID:KdxVb3P2P
帝国陸軍はアリューシャンから満洲・支那東南アジア全域
ニューギニアまで征服したんだぞ

足で



231:ぺろぺろ紳士 ◆p51RVEp752 :2013/01/14(月) 23:22:17.17 ID:WcQaICpr0
>>14
凄すぎる・・・



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:12:58.71 ID:C+OBxeQU0
アメリカ相手に三年半戦ったんだから決して弱くはない
1940年頃のニューヨークのカラー写真 凄すぎワロタ これに戦争挑む日本って・・・




26:密閉 ◆releaseTDM :2013/01/14(月) 22:13:25.14 ID:DKA3eflJ0
強いと言うか撤退という言葉を知らない
ペリリューの戦いとかマジキチ
512px-Battle_of_Peleliu_map-ja
 日本軍

    戦死者 10,695名
    捕虜 202名

アメリカ軍

    戦死者 1,794名
    戦傷者 8,010名 ※この他に精神に異常をきたした者が数千名いた。




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:17:33.34 ID:azFarK1g0
>>26
ガ島の撤退戦は運が良かったな



442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/15(火) 02:27:35.30 ID:vS7lndvPO
>>43
キスカもな

キスカ島撤退作戦
昭和18年7月29日に行われた日本軍の北部太平洋アリューシャン列島にある
キスカ島からの守備隊撤収作戦のこと。

キスカ島を包囲していた連合軍に全く気づかれず日本軍が
無傷で守備隊全員の撤収に成功したことから「奇跡の作戦」と呼ばれる。


28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/05/11(金) 00:03
日本軍がキスカ島から撤退するとき、
無人のはずの島から万歳三唱が聞こえてきた
んだって。
それを聞いた兵士たちは「死んだ戦友たちが見守ってくれているんだ」と
泣いたとか。 

実際の話、キスカから撤退するときは、タイミングよく濃霧になったりと幸運続き
だった。
だから今でも、死んだ戦友が守ってくれたと信じてる生存者も少なくないと
か。 
何か切ないよ。



46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/05/11(金) 14:35
>>28
キスカ撤退のとき、実はすぐそこまでアメリカ艦隊が接近してたんだってね。
でも、
アメリカ艦隊は、レーダーに反応した敵艦隊に砲撃するのに夢中で、
寸前のところで
日本軍を逃してしまったとか。

けど、実際には、レーダーに写ってた日本軍の艦隊は存在しなかったんだって。
れはアメリカ軍の公式文書にも載ってる話なんで、信憑性は高いよ。
元軍人の人が「恐らくは北の海に特有の不思議な現象でしょう。

何もないのにレー
ダーが反応してしまうことって、よくあるんですよ」と語ってた。
そして「でも、自
分としては、死んだ戦友が助けてくれたと信じてます」と目頭を熱くしてた。

この“死んだ戦友に助けられた”というパターンは、戦場怪談の定番だね。
死んだ
はずの戦友の声に励まされて、撃沈された輸送船から陸に流れ着くことができた。
方陣地に戻ることができた・・・そーゆー話はよく聞くよ。
ありがちな話なんだけど、ジーンと来るね。



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:13:34.94 ID:SBc7CKju0
補給とその護衛に力入れなかったから弱い



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:13:56.07 ID:2Duzb2XnO
司令:アメリカ
士官:ドイツ
兵卒:日本

が、最強の軍隊って話があったような



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:24:37.22 ID:eWu2BX650
>>28
それと
情報 イギリス
兵器 戦後ソ連
とかだった覚え



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:15:38.86 ID:kjVTfH5d0
当時ちゃんとした空母、機動部隊があったのは米英日だけ



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:16:45.91 ID:3iXZCd5p0
零銭は途中までは強かったけど、対策立てられてからスッゲー弱くなったんだっけ?

なんか必ず2対1で戦うようにする戦略とか
次世代機とかにボロ負けするようになったって

結局弱かったんじゃね、日本軍



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:18:20.44 ID:SBc7CKju0
>>40
防弾ゴムを燃料タンクに装備して無いから撃たれると直ぐに火を吹いた



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:19:41.09 ID:3iXZCd5p0
>>50
全然パイロットのこと考えてくれてねーな
そりゃ負けるわ



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:22:33.20 ID:FEoo32Ac0
>>56
いや、パイロットもね同じ考えが多かったのよ。
重くなることを嫌って、当たらなければ(ryと考える人がけっこういた。
日本の高出力エンジンを作る技術が劣っていたことを考えたら当然の帰結ではある。
それに防弾処理を全くしなかったわけではなかったしね。



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:18:36.71 ID:NdALOt/V0
20130115181157_51_1



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:20:10.86 ID:s71JbnnX0
アメリカ、ロシア、中国に戦争仕掛けて2勝1敗だからな。
歴史上、この3大国と戦争したのは日本だけ。
ロシアに唯一土を付けたのは日本。



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:21:20.29 ID:UEM3IAYE0
>>57
ドイツは2度に渡りロシア領を踏みにじった
WW1は実質ドイツオーストリアの勝利



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:22:36.95 ID:yX6yr7pC0
陸軍の戦車の弱さは致命的だった
アメリカやソ連からはブリキのおもちゃとバカにされていたしな
やっとマシな戦車が出来はじめたのが敗戦が濃厚になりはじめた時だったからな
チハ



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:26:15.73 ID:VPfmt0VG0
ミッドウェーが致命的
あそこで熟練パイと貴重な零を失った
損害は空母だけでない
Hiryu_f075712




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:27:05.17 ID:YUPK230M0
>>77
空母2隻失ったんだっけ?



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:27:45.24 ID:KdxVb3P2P
>>81
正規空母4隻
まさに悪夢



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:28:14.85 ID:azFarK1g0
陸戦に限れば速度を重視した紫電改とか疾風の評価が高いよな



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:29:15.74 ID:f9phqZjy0
普通にものすごく強いし、そういう評価だろう実際。
海軍あたりは伝説級なんじゃないかな。今も強いよ



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:29:18.15 ID:mpGFIJXR0
パーフェクト ソルジャー舩坂 弘は強かったよ


舩坂弘
日本陸軍の軍人、大盛堂書店代表取締役会長。全日本銃剣道連盟参与、南太平洋慰霊協会理事、

大盛堂道場館主。テキサス州名誉市民章授与。最終階級は軍曹。アンガウルの戦いで活躍した。

舩坂弘-アンガウルの戦い

米兵を200人以上殺傷。米兵から鹵獲した短機関銃で数人斃し、
左足と両腕を負傷した状態で銃剣で一人刺殺し、短機関銃を手にしていた
もう一人に銃剣を投げて顎部に突き刺して殺すなど、鬼神を泣かしめる奮戦をした。

部隊壊滅後、敵将に一矢報いんと手榴弾六発、拳銃一丁を持って米軍指揮所テント群に
数夜をかけて潜入した時には、すでに左大腿部裂傷、左上膊部貫通銃創二箇所、
頭部打撲傷、右肩捻挫、左腹部盲貫銃創を負っていた。
突入してきたこの異様な風体の日本兵に、発見した米兵もしばし呆然として声もでなかったという。
舩坂は前哨陣地を単身突破し、米軍司令部を目指し突入するも頸部を撃たれて昏倒し、戦死と判断される。

しかし、舩坂は3日後に米軍野戦病院で蘇生する。ペリリューに身柄を移されて2日目には、
重傷を負っているにも拘わらず捕虜収容所から脱け出し、米軍弾薬庫の爆破に成功している。
個人の戦闘記録としては唯一戦史叢書に載せられる。

【逸話あり】歴史上の人物で最強の戦闘力もった人って誰なの?




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:32:37.01 ID:CYmGsOAA0
旧日本軍は強かっただろ
一応列強国ではあったわけだし
ただ、戦略面がダメだったとは思う



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:32:52.75 ID:rQREuNoD0
短期集中
長期戦になればなるほど弱体化していった



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:35:03.90 ID:azFarK1g0
日本の航空機はネーミングセンス良すぎ
旧日本海軍のネーミングセンス良さは異常


飛燕、烈風、紫電、彗星、雷電、月光… 日本の優れたネーミングセンス




113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:36:10.84 ID:hPJajCP6T
戦線を広げまくった上に食料に物資が足りてこなかったら当然国力は疲弊する
昔からの敗戦の道を辿っただけ、あと戦争は初めが一番華々しい、長引けば泥沼しかない
だから孫子は戦わずして勝つのが一番と書き残してる



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:40:33.05 ID:lVPkyEitO
グルカ兵
旧日本軍
ベトコン



生きては帰らないの覚悟だからな

根性だけは世界一


てか昔の日本人は戦争向きすぎる民族性だっただろ

身長150と170~180じゃかなり被弾率に差が出てくる

近接戦は殆どならないがなったとしても
あまり世界には知られていなかった柔道やらがあったしな
上官には逆らわない
例え特攻しろと言われても
これは軍隊にとって理想的

あとは腸が狩猟民族白人に比べ長いからゆっくりと吸収する持続型だったのがでかい
だから日本人はガリなんだけどな


気合いが違う

メリケンは帰れると思って戦ってたんだろうが日本人は
恐らく帰れない帰っても非国民扱い戦場で死ぬ気満々だった



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:45:57.06 ID:FEoo32Ac0
>>116
日本人に大和魂があるようにアメリカ人にもヤンキー魂がある、だったか。

>メリケンは帰れると思って戦ってたんだろうが

という考えが負けた要因の一つでもあるんだよ。
戦争後期はともかく、前半はアメリカも現場は死にもの狂いだった。
アメリカも自爆攻撃をしたというのは知らないだろ。
ミッドウェーの勝利も、多くのパイロットの自己犠牲があってこそ、と坂井三郎は分析している。



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:42:19.36 ID:5rQaBmvC0
弱いくせに陸海軍で面子争いをして無駄をしてた
米軍は強いのに無駄の少ない組織だったと思うよー

同じ日本人なのに何故、協力し合えないのか不思議だよ
陸軍は長髪OKなら格好良いのに勿体無い



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:43:40.51 ID:xq3qKgSD0
髪長かったら掴まれるし洗うの大変じゃん



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:44:30.17 ID:5rQaBmvC0
>>121
士官なら最低限の身だしなみだろ
坊主とかどこの百姓か囚人だよ



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:45:59.75 ID:qgedQLSq0
髪とか邪魔なだけだよ
どこの国の軍隊も長髪なんて禁止
今も昔もだ



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:48:24.26 ID:5rQaBmvC0
>>130
日本以外の軍隊は長髪だったよ(今で言う長髪とは異なる。)
坊主主体になったのはここ最近の話
戦中まではオールバックか七三分けが普通



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:49:33.42 ID:FEoo32Ac0
>>130
岩本徹三飛曹長
20130115181157_137_1

岩本徹三
撃墜数は202機で、最強の零戦パイロットと謳われる。
岩本の次に多く敵機を落としたのが西沢広義の87機であり、
いかに200という数字が凄まじいかが分かる。

日中戦争から終戦まで幾多の死線を乗り越え、生き抜く。

搭乗員は坊主刈りを強制されていたが、写真の岩本は長髪である。
これは当時の司令が岩本を例外扱いとし、それを認めたという。
沖縄戦開始直前に、米軍機・米艦隊のうろつく慶良間諸島に単騎で夜間強行偵察を行うという
任務を受けるが、その時岩本は千鳥足になるほど酔っ払っていた。

しかし出撃、遊弋する米軍艦艇を銃撃し、大損害を与え帰還したというエピソードをもつ。
1953年、盲腸を医師が腸炎と誤診し腹部を大手術すること3回、
さらに入院中に背中が痛みだし原因不明のまま麻酔をかけず4,5回大手術を行い、
最後は麻酔をかけずに脇の下を30cm程度切開して肋骨を2本取り出し、
敗血症を併発して壮絶な死を遂げる。


神レベルだとけっこうそういうわがままが通ったりもしてる。
あと潜水艦乗りなんて・・・



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:51:44.94 ID:Dq/6ApAi0
全盛期の大日本帝国の領土広すぎワロタw
完全に大帝国だこれ




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:53:45.46 ID:FEoo32Ac0
>>143
それの半分くらいは領土じゃないけどな。
「影響がある」程度のものがほとんど。上陸して旗差しましたレベル。



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:52:57.06 ID:UEM3IAYE0
結局旧日本軍に凄いところは特にないんだが、強いて言えば国の成長の早さだよな
真珠湾奇襲の80年前はまだ江戸時代だったという



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:56:39.24 ID:3iXZCd5p0
>>147
焼け野原から世界第2位の経済大国まで22年だぜ
キチガイレベル



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:53:49.37 ID:hPJajCP6T
ところで旧日本軍とベトナム戦争で有名なベトナム軍が戦ったらどっちが勝つの?



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:55:41.90 ID:UEM3IAYE0
>>151
ソ連がベトナムに空母を貸すかでもしない限り引き分けで終わる
日本が勝つことは絶対に有り得ないけど



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:57:02.12 ID:hPJajCP6T
>>155
森とか燃やしたら勝てそうじゃないか?考えるのも恐ろしいが



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:58:03.60 ID:3iXZCd5p0
>>161
アメリカ「そうだ、枯れ葉剤を撒こう(提案)」



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:59:13.05 ID:UEM3IAYE0
>>161
戦略爆撃機が無いから難しい
というか対空砲火で撃墜されると思う



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 22:59:54.32 ID:Dq/6ApAi0
当時、真珠湾まで4000キロも
空母6隻、航空機350機の大艦隊移動させて
戦艦8隻も沈没撃破したとか
世界史に残ることやったんだぜ



172: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/14(月) 23:00:12.85 ID:1WCjuRRa0
アメリカが半端じゃなかっただけで相対的に見たら日本は決して弱くはなかったよ。



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:13:06.16 ID:x0saY+hB0
ひとりでも多く生き残って経験を次に活かすというより
戦場を死に場所として選んだ
貴重な経験を持った上官とか帰っても結局処刑されたらしいし



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:15:22.79 ID:n9tINZnE0
>>209
敗残兵は軍法会議ものだったけど
かならず殺してたわけでもない、ただ人間未満の扱いしか受けず
戦犯や非国民として生きるか、汚名を返上するために自決(処刑を希望)するか
みたいなことを選ばせてた



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:17:56.82 ID:5rQaBmvC0
>>216
大戦後半にもなると多くの敗残兵もいたけど
再度、最前線に送り込まれるか僻地に左遷させられるかしてたぞ



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:22:14.28 ID:n9tINZnE0
>>221
さすがに後半は軍法会議だなんてアホなこと言うのは、モノホンの老害だけだった
「こんどは恥じさらすまえに死んでおいで」とまた戦地に出すことの方が多かったな

当時の刷り込み教育があってもしても一部は逃げちゃって
現地に住みついちゃう人もでるくらいに劣悪な環境

左遷系の人は、世間的には「醜態を晒して生きのこった人」だった
いい扱いではなかったな



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:16:17.63 ID:IdseYpY90
外国じゃ撤退は普通なのにな



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:21:00.00 ID:bn5bcGDY0
そりゃ一応列強八ヶ国だったしな
アメリカ>ソ連>ドイツ>イギリス>日本>イタリア>フランス>オーストリア
こんな感じで一応世界で3,4番目に強かった



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:21:46.88 ID:Dq/6ApAi0
当時の日本軍はまじでほとんど捕虜にならないで
死ぬまで戦い続けたんだよな。

硫黄島とかサイパンとか悲惨すぎる



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:23:51.03 ID:XZFVc7/Z0
陸軍に満足に銃火器持たせられなかったから負けたんだよ
普通に考えて前線で弾薬すらないって異常事態だろ
航空支援もたいしてないのにせめて相手と同じ武器は持たないと話しにならんわ



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:25:16.82 ID:Wdwx3+JY0
>>233
持たせられなかったというよりは運べなかったと言う方が正しくないかね
どちらにせよ戦線を広げすぎたよなぁ、石油を求めてひたすら石油を消費する戦いばっかりだ



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:26:50.27 ID:pjP6GmoOO
>>233
足りないのは食料だぜ
弾は持っていけば減らないが食料はどんどん減るからな
弾は割と足りてた



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:24:24.49 ID:syHLPH7R0
無能の代名詞といえば牟田口
切腹のくだりなんてもう最高にアホ



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:26:40.99 ID:Wdwx3+JY0
>>234
「自決するしかないと思うんだけど、どう思う?」

「どう思うと聞かれてしまったら副官として止めないわけにはいきません、死にたいなら黙って死んでくださいよ」


ってやり取りだったか、確かに最高にアホ



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:33:22.63 ID:IdseYpY90
>>237
最高に無能だな



239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:27:09.37 ID:pW4duhmC0
日本にレーダーってあったの?船には付いてなかったかもしれないけど日本国内を守るためのレーダー的な



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:28:11.22 ID:r2B5lYkv0
>>239
戦艦大和にはレーダーついてるぞ?

国内はしらんが



259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:33:50.19 ID:eGlooRjz0
>>242
艦船にはほとんどついてたぞ
けど配備も遅ければ精度もアメリカに比べればクソだったっていう



264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:35:50.90 ID:pW4duhmC0
>>259
音速雷撃隊ってアニメあるじゃん
あれでは「敵のレーダーにしっかりうつっちょるばい」みたいなせりふがあったとおもうんだけど
なんか日本の船にはないみたいなニュアンスだったきがして



399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/15(火) 00:59:39.56 ID:wldXOuUAO
>>264
日本海軍対空レーダーは
(メートル波レーダー)
小型の13号電探、出力2キロワット、探知距離:編隊120km、単体60km

大型の21号電探、出力5キロワット、探知距離:編隊100km、単体70km
(1942年夏頃から)

水上レーダー(マイクロ波レーダー)は
22号電探、出力5キロワット、探知距離:戦艦35km、駆逐艦17km、水柱15km
(先行型が1943年7月に大和へ)

E-27逆探、レーダー波を探知し早期警戒。1943年3月に巡洋艦那智、熊野などから順次

海軍のレーダーは
10系…陸上レーダー
20系…艦載見張りレーダー
30系…艦上射撃レーダー
という分類あり。
13号は小型なので艦上に設置して見張りレーダーとしても活躍



240: ◆k6isPkBSGA :2013/01/14(月) 23:27:17.44 ID:Dvyqyt4n0
自分のひいおじいちゃん太平洋戦争で勲章貰ったって
あなたのおじい様の戦争体験を教えて




257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:33:02.61 ID:SJAkw+3j0
欧州の士官学校生は太平洋戦争の事を学ぶ時に、こんな海軍力を持った島国があった事に驚愕するらしい。しかもアジアに。アジアなんか原住民がウホウホやってるイメージしかないからね。

そもそも大型空母を10隻近く持ってたのは凄まじいレベル。イギリスイタリアドイツでもせいぜい二隻。アメリカはチート。

空母から攻撃するというのを始めて実践に投入したのは日本海軍で飛行機で戦艦を沈める事ができる事を世界中に知らしめたのも日本海軍。

どこぞの国のリーダーと同じく、前線の将は優れていたが参謀、士官が頭良いだけのアホだった。下士官は素晴らしい。

陸軍はせいぜいポーランドレベル。下士官がキチガイじみていて世界最強、てか最凶。



267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:36:23.91 ID:zIwVbX4Q0
そういや外国にも船坂弘みたいな訳分からん人間っていたの?
ヘイヘやルーデルはともかく

ルーデル

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
第二次世界大戦中のドイツ空軍の操縦員、幕僚将校。
ヨーロッパ東部戦線において、ソ連戦車500両以上と800台以上の車両を撃破する驚異的な戦果を挙げた。
また、9機を撃墜し、地上砲火で30回撃墜された。
これらの戦功から、ナチス・ドイツ最高位の「黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章」を授けられた。



死にたい赤軍将兵にお薦めの「ソ連人民最大の敵(スターリン曰く)」
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

・ベルリン突入直前なら大丈夫だろうと虎の子のJS-3を出したらいつもと変わらない
 ルーデルに撃破された
・Ju-87の機影を発見後一分で重戦車が火の付いた燃料を流して撃破されていた
・足元がぐにゃりとしないので沼をさらってみたら戦車の残骸が敷き詰められていた
・停泊中の戦艦が襲撃され、気が付いたら大破着底させられていた
・高度数百ftで爆弾を投下、というか距離100m以内で機銃をぶっ放す
・爆撃機編隊が襲撃され、爆撃機も「護衛の戦闘機も」一部撃墜された
・トラックから塹壕までの10mの間にルーデルに機銃掃射された
・装甲車の車列に合流すれば安全だろうと思ったら、車列の全車両がルーデルに
 よって撃破済みだった
・全赤軍将兵の3/100がルーデル被撃破経験者、しかも急降下爆撃ならどんな兵器も
 破壊出来るという彼の信念から「強力で頑丈な兵器ほど危ない」
・「そんな奴いるわけがない」といって出撃して行った戦車兵が五年経っても骨の
 一つも戻ってこない
・「赤軍将兵でなければ襲われるわけがない」と雪原に出て行ったキツネが穴だらけの
 原型を止めない状態で発見された
・最近流行っているルーデルは「何が何でも出撃」総統に止められても片足が吹っ飛ん
 でも赤軍狩りに出て行くから
・ベルリンモスクワ間の1620kmはルーデルの襲撃にあう確率が150%。
 一度撃破されて撤退中にまた襲撃される確率が50%の意味
・ルーデル中隊全体における赤軍襲撃による戦車撃破数は一日平均34輌、
 うち約17輌がルーデル一人のスコア

・第二次世界大戦ドイツ爆撃隊の英雄
・戦闘機乗りを目指していたが勘違いで急降下爆撃隊に入隊
・戦車519輌撃破
・装甲車・トラック800台以上、火砲150門以上、装甲列車4両撃破
・戦艦1隻、嚮導駆逐艦1隻、駆逐艦1隻、上陸用舟艇70隻以上を撃破
・でも航空機は9機のみ(5機以上撃破でエース・パイロットにはなる)
・功績を挙げすぎて渡す勲章がなくなってしまい、新たに勲章が作られた
・スターリンに「ソ連人民最大の敵」と言われ、10万ルーブルの賞金をかけられる
・クレタ島侵攻に参加できず「口惜しさに男泣きに泣いた」
・6ヶ月間で出撃回数が400回を突破
・休暇を減らして出撃回数を増やすよう上官に懇願
・無理だとわかると書類を偽造して出撃
・撃墜されて満身創痍で基地に帰ったのに、そのまま再出撃しようとした
・心配したヒトラーに地上勤務を言い渡されるも拒否
・その後、右足切断するほどの大怪我を負い、ソ連軍を攻撃できないと涙
・でもこっそり病院を抜け出し、部隊を率いて30輌以上の戦車を破壊していた
・その期間、軍上層部は地上勤務に就いていると思っていた
・ドイツ空軍初の出撃回数が1000回を突破。最終出撃回数は2530回
・戦後しばらくしていた仕事は「ドライバー」その後A-10製作顧問になる
・片足が義足なのに趣味は登山。アンデス山脈のほぼ全てを制覇。


ヘイヘ
シモ・ヘイヘ
フィンランドの軍人、狙撃手。

フィンランドとソビエト連邦の間で起こった冬戦争では、ソビエト赤軍から“白い死神”と呼ばれ恐れられた。
史上最多の確認戦果505名射殺の記録を残している。

活躍
ヘイヘは狙撃において、ソビエト側では旧式になりつつあったモシン・ナガンM28を使用していた。冬戦争当時のフィンランド軍の制式装備の多くはソビエト製だったが、物資や銃弾が極端に不足していた。
このため戦場で敵の装備を鹵獲して使用する必要に迫られ、
ヘイヘも敵の武器であるモシン・ナガンを使用することになった。
ヘイヘは身長約152cmと小柄であったが、120cm以上あるこの銃を手足のように自由に扱ったと言われる。
後にその活躍から、サコ社によって調整された特製のモシン・ナガンを与えられている。

モシン・ナガンには3.5倍から4倍の倍率を持ったスコープが装着できたが、
ヘイヘはこれを使用せず、銃身に付いた鉄製の照星と照門のみで狙撃を行った。
これは、猟師時代からの射撃姿勢への慣れと装備の軽量化に加え、
スコープのレンズによる光の反射で自らの位置を悟られるのを嫌ったことによる。
ヘイヘの使用したモシン・ナガンのうちの1丁は現在もフィンランド国立軍事博物館に展示されている。

ヘイヘの狙撃技術は入隊前に営んでいたケワタガモ猟で培われたものと言われ、
これは元猟師だった赤軍のヴァシリ・ザイツェフや、アボリジニーの猟師出身者が多い
現代のオーストラリア陸軍SAS狙撃兵などの経歴と共通する。
ヘイヘの狙撃は連続的な射撃と精度を両立していたとされる。
狙撃訓練課程では150mの距離から1分間に16発の射的に成功したという逸話が残され、
実戦でも300m以内ならほぼ確実に目標の頭部を狙撃したと言われている。

ヘイヘの公式確認戦果である505人は世界最多記録として知られるが、
このなかには狙撃銃以外の火器による殺害数は含まれていない。
ヘイヘはサブマシンガンの名手でもあり、“殺戮の丘”の戦闘ではKP31サブマシンガンを用いて、
記録では200人以上、非公式なものを含めれば狙撃で殺害した
505人よりも多くの敵兵士を倒したと言われている。

これらの記録は戦争開始から負傷するまでの約100日間のうちに残されており、
1939年のクリスマス直前の12月21日だけでも25人の赤軍兵士を殺害し、
クリスマスの夜には通算殺害数が138人に達していたという。



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:38:40.53 ID:XHDuY1DE0
>>267
ドイツに戦車一両でイギリスの戦車旅団だか師団だかを敗走させた奴がいたはず



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:41:13.24 ID:FEoo32Ac0
>>275
ビットマンかな。20両以上の敵を撃破して、弾がなくなったから戦いを止めたという。



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:47:20.46 ID:zIwVbX4Q0
>>279
ミヒャエル・ヴィットマンか
名前は知ってたけどそんなことやってたは知らなんだ
441px-Bundesarchiv_Bild_146-2004-0131,_Michael_Wittmann
ミハエル・ヴィットマン
第二次世界大戦中のドイツ第三帝国の親衛隊員。武装親衛隊の第1SS装甲師団ライプシュタンダルテ・SS・アドルフ・ヒトラー (LSSAH) に所属した戦車兵。最終階級はSS大尉。


撃破数は戦車138両、対戦車砲132門。最も多くの敵戦車を撃破した戦車兵の一人である。特にノルマンディー戦線で、彼が単騎でイギリスの戦車部隊に壊滅的打撃を与えたヴィレル・ボカージュの戦いは有名。




300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:51:58.66 ID:FEoo32Ac0
>>298
なかなか抜けないティーガー戦車が奇襲に成功してたからね。
遭遇する敵をことごとく粉砕したとか。



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:37:48.96 ID:oltSyZQyO
WWⅡ期の日本の軍人はアッパラパーって風潮があるけど、
個人では評価されるべき将もいたんだよね

硫黄島の栗林忠道、沖縄の八原博通なんかは有名

あるいは阿南惟幾、今村均、安達二十三、宮崎繁三郎…

無能が中枢を牛耳ってたってのも敗因でしょ



284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:41:50.14 ID:pjP6GmoOO
>>272
そう都合よく中枢に無能ばかり入ると思うか?



292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:43:30.05 ID:IdseYpY90
>>284
一人でも無能が入ればそこから
無能が無能を昇格させたりするんじゃね?



296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:46:06.52 ID:kFUGew1j0
>>284
前政権与党を振り返ってみろよ



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:52:44.35 ID:IdseYpY90
1944年、ニューギニアでの話。

敵機が我が物顔で飛び回る中、狙われるので日中飯を炊くことさえ出来なかった。
ある士官は、沿岸部を命辛々後退している際、奇妙な高射砲部隊と出会った。
司令本部を設営するにも密林奥深くでないとぼこぼこやられてしまうのに、その隊は密林の切れ目に堂々と陣を構え、ロープを渡して洗濯物を干し、敵機に対しても盛んに発砲している。
しかもねじり鉢巻に褌一丁でだ。

士官がその辺りの兵に話を聞くと、
「頑張って偽装してもすぐに位置を掴まれてしまうから、開き直ってああしたのだ」
との事だった。

久しぶりに勇敢な、胸の好く連中を見た士官だったが、彼がそこを去った何日か後には、
やはり重爆か何かで綺麗さっぱり吹き飛ばされてしまったという。

これは好感は持てるが馬鹿だよな



308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 23:58:06.59 ID:hPJajCP6T
>>301
それが一概には言えないのが戦争からなぁ



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/15(火) 00:09:34.64 ID:1PMFr7AK0
日本軍を話すには当時の世界情勢を知っておく必要がある
まずアジア・極東地域で一番最初に産業革命をしたのは日本であること
そして当時(第二次世界大戦~)独立した国家として
存在したのは大日本帝国とタイ王国、だけだった

中華民国やモンゴル、インドなどを含む場合もあるが実際は微妙な立ち位置
まず中華民国はアヘン戦争・第一次世界大戦で臨海部や
大きな港のある都市などは租界や割譲で中華民国の領土じゃなかった
それにいまでもウイグルやチベットなどがあるように1つのまとまった
「国家」として承認しない外国もあった

モンゴルについてはノモンハンで戦闘してるが
ソ連との戦闘が主だし、それ以外とくにないので略
インドは当時は自治権はもっていたが、あくまでイギリスの植民地という扱いだった



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/15(火) 00:34:23.82 ID:jmH6WIUb0
日本には、石油が無い、錫が無い、綿が無い、ゴムもない。
その供給全てを絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。

まじでこれ的確だと思うわ



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/15(火) 00:35:39.85 ID:P9E3n77c0
アメリカ本土爆撃したのは日本だけだからな



359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/15(火) 00:38:51.32 ID:RiBywBFoT
>>352
( ・∀・)「ハワイは平和だぜ…まぁこんなところまで来る馬鹿はいないよな」

│^o^│「きちゃいました、でんげきせんです」

(;・∀・)「馬鹿がいたっ!!!」

でもこんな感じだよなw



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/15(火) 01:26:06.97 ID:wldXOuUAO
>>359
ハワイではなく潜水艦に搭載された

このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin