logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

日本服飾史

666view

更新日2017-02-07 14:19:00

まとめ人:PhIさん   (0)

日本服飾史




1:日本@名無史さん:2010/10/11(月) 12:51:20
日本の衣服の歴史について語りましょう
転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1286769080/
日本史上で最も陰鬱として暗い時代はいつだったか

Prince_Shotoku


2:日本@名無史さん:2010/10/11(月) 15:42:01
♪葉っぱ一枚あればいい~



9:日本@名無史さん:2010/10/15(金) 23:35:37
和服のルーツは中国です♪



10:日本@名無史さん:2010/10/16(土) 14:46:56
ま、嘘ではないけど



11:日本@名無史さん:2010/10/16(土) 21:12:14
いいや、嘘だろ



12:日本@名無史さん:2010/10/17(日) 02:47:55
今も着物の事を呉服というように、元は大陸の衣服がルーツになっている。清代以前の中国の衣服や、ネパールや朝鮮の伝統衣装見りゃ分かるでしょ。



15:日本@名無史さん:2010/10/17(日) 13:47:00
>>12
今は着物を呉服と言う場合もあるが、元々は反物・主に絹織物のことだよ。

元々は衣類を指す言葉ではないから、衣類(着物)のルーツには関係ない。



13:12:2010/10/17(日) 11:49:14
間違えた、ネパールじゃなくてブータンの伝統衣装だったよ。



24:日本@名無史さん:2010/10/17(日) 17:51:52
現代の和服の形になったのは小袖が表着になってからだっけ



26:日本@名無史さん:2010/10/17(日) 18:07:02
>>24
基本的にはそうと言われてる

…が、仕立て方や帯の形態、着付け方等の変遷も激しいので(特に女物)、時代が違うと同じ小袖でも別物みたいだったりするw



40:日本@名無史さん:2010/10/17(日) 21:14:44
>>24
小袖は元は下着なんだよねw
現代和服は小袖の着流し。

着物を外国人に紹介して驚くのは、糸をほどけば一枚の布に戻る造りになっていること。
(最近の大量製品の着物は知らないけど)
この発想は一枚の紙で何かを作り出し、再度一枚の紙に戻せる折り紙と同様。
関連性を考えると面白い。



39:日本@名無史さん:2010/10/17(日) 20:53:51
女学生の袴も巫女の袴も、なにゆえにかくも洗練された優れたデザイン性を有しているのか?
アレを考案した下田歌子はネ申だと思う。




56:日本@名無史さん:2010/10/20(水) 18:16:46
>>39
大正?辺りだったと思うけど、洋服の影響で女性がズボンを穿くようになった時、
西洋文明の弊害だ!女性のズボンの反対!って社会風潮があったらしいw
女袴がスカート状主流になるはずだよ



58:日本@名無史さん:2010/10/20(水) 19:52:58
>>56
行灯袴が主流になったのは、おトイレの便利さを考慮してじゃ?
裾を全部まくり上げちゃえば楽に用を足せるから。



59:日本@名無史さん:2010/10/20(水) 20:29:16
>>58
複数要因だろう
小袖主流の美的感覚がその後の和服に関係したと思う



48:日本@名無史さん:2010/10/18(月) 19:02:08
戦国時代といえば、木綿がどんどん普及しだした頃だね
麻の着物ばっか着てたパンピーにはかなり有り難かったんじゃないかな



49:日本@名無史さん:2010/10/18(月) 20:06:32
インドがもっと近かったら綿普及も早かったろうに



50:日本@名無史さん:2010/10/18(月) 20:14:01
古代に伝来したものの、定着しなかったとか>木綿
室町時代に朝鮮木綿が珍重されたから、その流れで国産化を目指して今度は成功したぷー



55:日本@名無史さん:2010/10/19(火) 19:07:28
>>50
宗氏と堺商人はそれでボロ儲けだぜw
わらしべ長者貿易で儲けれた時代が羨ましい。



52:日本@名無史さん:2010/10/19(火) 07:50:11
貫頭衣から変遷していく過程はそれなりに興味深いと思う
頭



69:日本@名無史さん:2010/10/22(金) 05:41:14
>>52
日本の貫頭衣は言葉から連想されるような覆いかぶさる代物じゃなく
合わせる着物っぽい物
遺跡から縫い針や縫い布が存在するし、貫頭衣の捉え方はこっちが定説じゃないかな



70:日本@名無史さん:2010/10/25(月) 14:01:11
>>69
それって貫頭衣って呼べるのかい?



73:日本@名無史さん:2010/10/26(火) 00:54:03
>>70
慣例上そう呼んでるだけみたいだよ



57:日本@名無史さん:2010/10/20(水) 18:41:21
今はジーパンが主流かw
セーラー服がスカートで良かった



60:日本@名無史さん:2010/10/20(水) 20:41:39
>>57
セーラー服も本当はズボンだったのに、女学生用と結局スカートになった
人民服は女性用でもズボンだった
奇妙なところから文化差異が見える



63:日本@名無史さん:2010/10/21(木) 00:20:07
戦国時代も女性は袴をよく着ていた
ドラマや映画は着ていない時多いな



65:日本@名無史さん:2010/10/21(木) 12:41:50
>>63
その説はちょっと疑問
女性の服飾から袴が消えていく流れは既に鎌倉時代頃からできていた訳で
戦国時代ともなると、宮中で着用される衣装か(春日局の肖像画みたいな)
庶民の野良着等の特殊な状況でしか見られないのでは?



64:日本@名無史さん:2010/10/21(木) 02:21:55
ドラマはあてにならないね。
膝立てて座らないし、帯も時代不明になっていたり。
腰巻見たくても打掛ばっかで残念な気分になる。



66:日本@名無史さん:2010/10/22(金) 01:03:50
>>64
大河ドラマは酷いもんだよ



77:日本@名無史さん:2010/10/31(日) 19:09:42
武士ってなんで烏帽子かぶらなくなったの?



81:日本@名無史さん:2010/10/31(日) 23:16:34
>>77
烏帽子は武士に限った被りモノではないし。被られなくなったのは流行だな。



88:日本@名無史さん:2010/11/05(金) 13:48:22
>>81
流行って言われちゃうと身も蓋もないな



93:日本@名無史さん:2010/11/05(金) 18:50:07
烏帽子も時代で形態がかなりかわる。平安時代には高かったのに
江戸後期になると漆で塗り固められて小さくて頭上にちょこんと。
髷に結ばないと落ちる。



97:日本@名無史さん:2010/11/06(土) 04:51:47
>>93
普段武士がかぶらなくなったのって
厳密にどのあたりなんだろう



98:日本@名無史さん:2010/11/06(土) 10:40:13
>>97
それは地域や家中によって大きな差があると思うが、
やはり統一政権ができる織豊期が過渡期ではないだろうか。
直垂・素襖に代わって肩衣が武士の衣服の主流となったもの大きい。
信長が謙信に送ったとされる洛中洛外屏風図には直垂・素襖の武士は
侍烏帽子を被っていて肩衣の武士は被っていない。

また公家も古代中世には寝る間も烏帽子を被って、髷をさらすのは恥と
されていたが、近世には外出時以外は小袖指貫姿が一般的で
その時は烏帽子は被らなくなった。



105:日本@名無史さん:2010/11/09(火) 00:55:55
>>98
烏帽子をかぶらなくなったというか
烏帽子込みで着る直垂のほうを着なくなった余波とかんがえたほうがいいわけか



100:日本@名無史さん:2010/11/06(土) 12:03:57
昔の人が市場で衣服を買う感覚って、
現代で言ったら軽自動車買う感覚なんだろうなぁ



102:日本@名無史さん:2010/11/08(月) 04:09:05
>>100
というよりも、スーパーで出来あいのお惣菜買う方が近いんじゃないかな。



103:日本@名無史さん:2010/11/08(月) 22:26:53
着物はお古を着回ししまくる文化よねぇ。



104:日本@名無史さん:2010/11/08(月) 23:16:48
ヒゲを生やさなくなるのは烏帽子がなくなったのと同じくらいかな



106:日本@名無史さん:2010/11/09(火) 01:14:48
髭は家康が禁じた。戦国大名はみな髭を生やしていたが江戸時代以降は幕末まで髭を生やさなかった。



107:日本@名無史さん:2010/11/09(火) 01:29:12
>>106
禁じた書があるの?



111:106:2010/11/09(火) 18:11:16
>>107
昔、NHKの番組で見た。実際、江戸時代の人物の肖像画はみんな髭なしなので鵜呑みにした。


真偽のほどは…解りません!
間違ってたらごめんな!



114:日本@名無史さん:2010/11/14(日) 00:40:06
髷って何時代からですか?



115:日本@名無史さん:2010/11/14(日) 00:48:57
3500年前の簪が出土しているのでそのあたりから。
吉野ヶ里遺跡からも出ている。



119:日本@名無史さん:2010/11/14(日) 05:06:31
3500年前
20140424183414_119_1



120:日本@名無史さん:2010/11/14(日) 09:52:46
髷の件、ありがとうございました。
アジア限定ですかね?
石像見る限りでは、ヨーロッパは違いますかね?



121:日本@名無史さん:2010/11/14(日) 21:45:54
着物だけを着て生活してたら、体の使い方が全然違ったものになりそうだな。
たまに着物着ると、きつい着付けでなくても、疲れるもん。



122:日本@名無史さん:2010/11/15(月) 10:03:19
なんか安土桃山前の狩衣的というか直垂的なのって平服でも
あんまりラフな感じが無いね

戦国時代や江戸時代になると武士でも平服はダルダルなイメージなのに



123:日本@名無史さん:2010/11/15(月) 13:36:17
その江戸時代のダルダルも現代の我々にとってはとてもラフではない



128:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 03:14:27
>>123
むしろ現代人並みかそれ以上にラフ

良い年のおっさんでもすぐにもろ肌脱ぎたがる
半ケツかまわず裾まくりあげる
そのくせいくら幕府が禁止禁止うるさく言ってものらりくらりと制約を回避しながらおしゃれを楽しむ

ゆるさでいったらDQNの腰履きなんか目じゃないもんな



124:日本@名無史さん:2010/11/15(月) 18:03:57
南蛮人が来るまで襦袢がなかったって知ったんだけど
下着代わりの小袖が普段着になって以降襦袢が出来るまでの期間って
一体下着は何着てたの?



125:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 00:47:38
男は褌、女は腰巻。



126:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 01:55:42
>>125
サンクス
上は直に着物着てたって思っていいのかな



127:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 02:43:59
下着という概念は西洋にもないでしょ。
ワイシャツの下が長いのは下に回して日本の褌みたいなものだろうし。



130:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 12:44:52
武士の着流しなんかも浮世絵見る限りでは
温泉に来た現代のおっさんが着てる浴衣なみにゆるい



131:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 14:11:31
そうそう。時代劇みたいなカッチリした着付けが、嘘っぱちとまでは言わなくとも、少なくとも普通ではなかった。



132:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 15:04:36
一般家庭でくつろいでる庶民が全員おろしたてのスーツ着てます
みたいな違和感かな?



133:日本@名無史さん:2010/11/16(火) 19:32:18
オン・オフでは違うだろうな。
鷹見泉石なんかは侍烏帽子に素襖でかなりカチッとフォーマルだしね。



137:日本@名無史さん:2010/11/18(木) 00:14:34
ボロボロになるまで仕立て直しして着続けるのが普通だから。

昭和天皇のモーニング・コートとか何十年も着続けていたものだろうし、英国王室なんかは公式行事で王室は古い物を着ている。



139:日本@名無史さん:2010/11/18(木) 12:53:22
天皇陛下のモーニングは、勲章が重くて垂れ下がるので、左右を少し調整してあるそうだね。



140:日本@名無史さん:2010/11/18(木) 22:56:49
将官の軍服もそうだけど勲章を支える為に裏に厚手の綿地でテーピングを回している。



150:日本@名無史さん:2010/11/29(月) 08:32:27
和服の袖ってなんで上下に広いの?

振り袖とかはまあ晴れ着ってことで飾りというかファッションなのかなっておもうけど
けっこう普段着でも狩衣にしろなんにしろ昔っから
袖ってやけにデカイよね

あれって何か実用上の意味あんの?
それともホントにただの流行というかファッションで意味のないものなの?



151:日本@名無史さん:2010/11/29(月) 13:36:57
ただの飾り。意味無し。



153:日本@名無史さん:2010/11/30(火) 16:54:45
私の考え。
ホントのところはまだ分かっていない。日本服飾史史上最大の謎。
長崎巌なんかは、大袖は権力の誇示で、小袖の袂は成り上りを意識する為とか言ってる。
でも私は、↑は後からのこじつけで、成立自体はファッション的な意味の方が強いと思う。



154:日本@名無史さん:2010/12/01(水) 02:54:24
小袖ですら
人間の腕の太さから考えたら
相当大きいしね



155:日本@名無史さん:2010/12/01(水) 02:57:37
たすきで留められるように、じゃないか



156:日本@名無史さん:2010/12/01(水) 11:48:37
袖が大きくなければ腕まくりで済むからそれはないとおもう



157:日本@名無史さん:2010/12/02(木) 00:13:17
反物を極力無駄を出さず仕立てたかった
とか妄想してみる



159:日本@名無史さん:2010/12/02(木) 23:20:32
ポケットだろ



163:日本@名無史さん:2010/12/03(金) 15:39:17
>>159
女物は振りの部分が穴あいてるからポケットにはならない。



217:日本@名無史さん:2011/02/05(土) 11:43:05
髪の毛を剃るというのは、近代以前の東アジアに結構あった。
中国だと華北、東北部、西部内陸部など。
南部でも、北からの客民であるミャオ族が持ち込んできている。
江戸時代の日本とていうのは、ヘルメット(鉄兜)の中で蒸れないようにする
発想が、月代となったのであろう。



218:日本@名無史さん:2011/02/06(日) 16:03:19
月代は大きく剃り上げたほうがかっこいいよ。



219:日本@名無史さん:2011/02/07(月) 03:45:32
たしかに烏帽子直垂姿はかっこいいよな
奇異の眼差しも意に介さずに烏帽子直垂姿に太刀を履いて福岡を闊歩した平野国臣の気持ちがわかる気がする



220:日本@名無史さん:2011/02/07(月) 10:46:10
>>219
現代では和服着てたら奇異の目で見られるわな



223:日本@名無史さん:2011/02/07(月) 19:24:02
聖徳記念絵画館にある歴史画(よく日本史の本や教科書に載ってるアレ)で、
大政奉還(1867)と廃藩置県(1871)の絵を比べると、服装の変化がわかって面白い。

二条城で将軍慶喜の御前に居並ぶ幕閣や在京の諸侯・各藩重臣は月代に裃だったが、
その4年後、旧江戸城西の丸の皇居で明治天皇の御前に居並ぶ政府高官や諸侯たちは
烏帽子・直垂だった。
高官や諸侯の服装が月代・裃から烏帽子・直垂に変化したのがよくわかる。
明治初年の高官の服装を示すものに参議前原一誠の写真があるが、烏帽子・直垂である。
武士出身の高官たちは、直垂で新政府に出仕していた。
この服装は廃藩置県後もしばらく続いていたようで、新橋・横浜間に鉄道が開通したときも、
当時の錦絵を見ると、烏帽子・直垂姿の高官たちが描かれている。



276:日本@名無史さん:2011/03/31(木) 14:20:37.87
浦安舞のこんな舞装束は創作衣装なの?
20140424183414_276_1



277:日本@名無史さん:2011/03/31(木) 22:23:18.07
昭和15年に制定された、「衵装束」と言う全国共通のスタイル。
緋袴、単、衵、小忌衣、裳をつける。



278:日本@名無史さん:2011/03/31(木) 23:02:55.62
昭和15年って皇紀2600年か。浦安舞と同時に制定されたんだな。

裳は後ろに引くものだと分かるが、単、衵、小忌衣ぐぐったらいずれも羽織って着るものか。
ということは白衣緋袴の上に三枚+裳になるのか。



329:日本@名無史さん:2011/09/12(月) 02:58:31.75
御立纓の冠はいつごろ使われるようになったのですか?
また、常に着用されてたのでしょうか、それとも即位礼など特別な祭式の時に着用されたのでしょうか?



330:日本@名無史さん:2011/09/23(金) 14:52:17.06
>>329
江戸時代以降登場、天皇だけが着用できる。
宮中では冠が不可欠で、天皇も烏帽子をかぶることは許されなかったそうだから、
常に着用していたと思う。



331:日本@名無史さん:2011/09/26(月) 00:42:26.22
>>330
ありがとうございます。
平常時は垂纓の冠を被られて、特別な時のみ御立纓の冠を被られるのかと思ったのですが、
日頃から御立纓の冠を被られていたんですね。



332:日本@名無史さん:2011/10/12(水) 14:55:02.26
誰かが「日本は服飾進化の壮大な実験場だった」って言ってたのを思い出した
唐から伝わった冠や官服が飛鳥→奈良→平安と時代を経て変わっていく様や
古墳時代から少しずつ進化して来た直垂から素襖や大紋が生まれて
その略式の肩衣が裃に進化する様などを考えてみると、すごく面白い
たぶん外国の影響をほとんど受けなかったから出来た事なんだろうね




転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1286769080/






















posted with at 13.12.01
デール カーネギー Dale Carnegie 山口 博
創元社
: 97

この記事の削除申請フォーム



"さくじょ"と入力してください。

削除された場合は、記事URLにアクセスするとトップページにリダイレクトされるようになります。

気まぐれまとめ