logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

知らないと本気でヤバい卵の裏側!!!!

300view

更新日2017-01-24 00:58:00

まとめ人:HMTBさん   (0)

知らないと本気でヤバい卵の裏側!!!!




知らないと本気でヤバい!「卵」の裏側すべての偽装は「卵」に通じる
http://toyokeizai.net/articles/-/54726

河岸:そもそも卵の賞味期限って、どうやって決まると思う?

N君:それは「卵を産んだ日から何日後」で決まるんじゃないですか。

河岸:いや、そうじゃないの。卵の賞味期限は「パックされた日から何日後」で決まるの。

N君:えっ? じゃあ古い卵でも、今日パックしたら、賞味期限は今日から何日後になるわけですか? 
つまり「同じ賞味期限」の卵でも、「産卵日が同じとは限らない」ということですか?

河岸:そのとおり。それは卵に限らないけどね。スーパーで売られている食品にはそんなものがたくさんある。
たとえば、半年前に作って冷凍したアジの干物だって、スーパーで今日、解凍すれば、その日が「製造日」になり、その日を基準に賞味期限が決められる。何日も前に作ったお弁当も、店でラベルを貼れば、そのラベルを貼った日が「製造日」になる。

N君:なぜ、そんなことが許されるんですか?

河岸:「解凍すること」「袋にラベルを貼ること」「パックに詰めること」も、法律ではすべて「最終加工」と見なされ、 「製造日」になるから。その日を基準に、賞味期限が決められる。そう法律で決まっているから、法律違反でも何でもない。

N君:すごい理屈ですね……。『スーパーの裏側』の帯の裏に「えっ? そんなことまで合法なの?」とコピーを載せた理由は、それなんですね。

N君:卵に関しても同じで、「卵をパックに詰めた日」から、賞味期限が計算されているんですね。

河岸:そのとおり。特売日に平日の10倍、同じ賞味期限の卵が並ぶ理由がここにある。卵は毎日ほぼ同じだけ産まれるけど、 それを保管しておいて、特売日に合わせてパックするんだ。だから賞味期限が新しい卵が、平日の10倍、店先に並ぶことになる。

N君:中には古い卵も混じっているわけですね。それを生で食べると考えると、ちょっと違和感がありますよね……。

河岸:卵の生食については、もうひとつ別の問題もあるけどね。

N君:「外食では極力、卵を食べない。とりわけ生の状態では絶対に食べない」というのが河岸さんのスタンスですが、外食で卵を食べない理由は何ですか?

河岸:卵の生食については、鮮度の問題に加えて、もうひとつ「サルモネラ菌」の問題もあるからね。すべての卵はサルモネラ菌に冒されている危険性があるの。

N君:高級卵やこだわりの卵でも、同じようにサルモネラ菌のリスクがあるんですか?

河岸:そのとおり。消費者が普通に買える卵で「この卵は100%絶対安全」と言い切れるものはない。





1

河岸:卵の生食については、鮮度の問題に加えて、もうひとつ「サルモネラ菌」の問題もあるからね。すべての卵はサルモネラ菌に冒されている危険性があるの。

N君:高級卵やこだわりの卵でも、同じようにサルモネラ菌のリスクがあるんですか?

河岸:そのとおり。消費者が普通に買える卵で「この卵は100%絶対安全」と言い切れるものはない。

N君:じゃあ、卵は食べると危険ということですか?

河岸:そんなことはないよ。仮にサルモネラ菌がいても、75度で1分間加熱すると死滅するから、しっかり加熱した卵なら大丈夫。

N君:生卵や半熟の卵はどうですか?

河岸:加熱しなくても、産まれてすぐ10度以下で保管すれば、仮にサルモネラ菌がいても60日間は食中毒レベルまでは増殖しない。
でも、36度で保管すると、1日で食中毒が起きるレベルまで増殖する。

N君:なるほど、「きちんと温度管理されている卵を買う」のが重要ということですね。

河岸:冷蔵販売されていても、店に運ばれるまでに常温だったら意味がないから、「冷蔵『輸送』、冷蔵『保管』、冷蔵『販売』」 の3つが必要不可欠ということ。いずれにせよ、卵を常温で販売している店なんて論外だよ。

N君:スーパーでも、常温で卵を売っている店と、冷蔵販売している店の両方がありますよね。前作『スーパーの裏側』がベストセラーになり、 『週刊ポスト』や『SPA!』でも大きな記事になったおかけで、冷蔵販売のスーパーがだいぶ増えた気もしますが。

河岸:確かに増えたけど、まだ一部だよね。「卵の常温販売は非常に危険」ということをぜひ消費者だけでなく、販売者も知ってほしい。
卵の温度管理について、あまりにも日本人は無頓着すぎるよ。



N君:外食でいえば、調理場や厨房で、卵を常温で置きっぱなしにしている店はすごく多いですね。

河岸:お好み焼屋とか、すぐ隣で火を使っている店でも、その隣に置きっぱなしにしている
店があるよね。信じられない。そんな店、食のプロから見れば、論外中の論外だよ。

N君:僕も一度、お好み焼を食べたあと、すごい腹痛に襲われましたが、でもサルモネラ食中毒という証拠はないわけですよね……。

河岸:そこが卵特有の難しさだよね。同じ卵かけご飯をみんなが食べたとしても、 サルモネラ菌の卵に当たったのは、自分だけかもしれない。常温で置きっぱなしにしていたとしても、みんなが繁殖するわけじゃないし。

N君:そこが集団食中毒とは違うところですね。逆に言えば、だからこそ原因追及が難しく、運悪く当たってしまった人は泣き寝入りするしかない、と。

河岸:泣き寝入り程度で済めばいいけど、幼い子どもやお年寄りは、サルモネラに当たって命を落とすこともあるわけだからね。

N君:8歳の男の子や9歳の女の子が、卵かけご飯を食べて、サルモネラ中毒と見られる症状で亡くなったというニュースもありましたよね……。 今年も、サルモネラ中毒で亡くなった70代女性の裁判で、「生産業者に責任あり」と約4500万円の支払いを命じた判決もありましたよね。

河岸:きちんと温度管理がされていない卵を、しっかり加熱せずに食べることには、それくらいリスクがある。そのことはぜひ知ってほしい。
もちろん、むやみに恐れる必要はなくて、さっきも言ったように「冷蔵『輸送』、冷蔵『保管』、冷蔵『販売』」している卵なら、まず安心できるけどね。

河岸:卵でいえば、「色」についての誤解も多いよね。消費者が知らないことをいいことに、メーカーや流通がうまくやっている。

河岸:消費者が「赤玉は白玉よりちょっと高級」と勝手に誤解してくれているから、 その誤解に合わせて高く値段をつけているだけ。実際は「卵の色=鶏の羽の色」だから。

河岸:それに卵の「黄身の色=鶏が食べたエサの色」ってことも意外にみんな知らないよね。

河岸:昔は、主なエサが草だったから、黄身の色が濃かったの。でも消費者の大半は 「黄身の色は濃いほうが栄養があるしおいしい」と勘違いしているから、鶏にパプリカとかを食べさせて、無理やり黄身の色を濃くしているんだ。


河岸:スーパーやコンビニで卵を買うときは、さっきも言ったけど、常温販売の卵はNG。
必ず冷蔵販売しているものを、せめて買ってほしい。もうひとつは「賞味期限」だけじゃなくて「産卵日」が書いてある卵を買うということ。
no title

N君:スーパーでは「産卵日が書いてある卵」と「産卵日が書いてない卵」の両方が売られていますよね。

河岸:そう。同じメーカーのまったく同じ卵なのに、A店で売られている卵には「産卵日」
が明記されているのに、B店で売られているものは「賞味期限」だけしか書かれていなかったりする。

N君:これは、実際に見たら衝撃的ですね。みなさんがよく買う「あの人気の卵」も、 店によって「産卵日」があったりなかったりするわけですね。その理由は?

河岸:全部のスーパーで「産卵日」を明記したら、冒頭で述べたみたいに、特売日にたくさん「新しい賞味期限」 の卵を並べられないからね。だから、あるスーパーには産卵日入りのものを出荷するけど、そうじゃないスーパーには賞味期限だけのものを出荷する。
スーパーとの力関係によるところも大きいの。

N君:「冷蔵販売」のものを買うのは大前提。そのうえで「産卵日」が書いてあるものを買うわけですね。 これなら誰でもできそうです。次回は、今回の話を踏まえて、いよいよ「ヤバすぎる外食の『卵事情』」を解説しましょう!





正卵は常温でも1ヶ月はもつ
問題ない





産卵日だろうがパックされた日だろうが賞味期限の日は同じだろう
それともパックに「何日後まで」って書いてあるのか?





殆どの卵は産んだその日にパックされる、卵なんて毎日生まれてるのでその日の内に出荷するのが基本。
サルモネラ菌が気になるなら、買った卵を消毒洗浄して保管したら、アホらし。
根拠の乏しい危機を煽って耳目を引くのは狼少年症候群、
記事、文字数のノルマに追われて話題を創造するメディアの病気。





常温で一週間でも平気だよ





冷蔵販売しているスーパーを見つけるほうが難しい





法律変えろよw





幸いにも腹下したこと無いな~





元々卵はかなり持つはずなんだが・・・





割って中を見たら状態は分かるから、家で自分で食べる分には問題ない





常温保管のほうが衛生的とする見解もあるよね。





実際それが原因と思われる、食中毒事件とかの案件がないなら、それで問題ないんじゃないの?





生まれて50年卵を食べ続けているが
卵にあたったことは無い
お正月前などは1週間前から大量買いした卵で
おせちと茶碗蒸しを作る
とりあえずこの記者は「日本の養鶏場」をみてくるといい





賞味期限なんて気にすんなよ
一週間切れてようが普通に食えるし





買った卵はパックから出さずに冷蔵庫に入れるのが基本な





どちらにせよ生で食うことなんてないから問題ない





冷蔵していたスーパーから家の冷蔵庫に入るまでに
温度変化で結露してしまう方が危険な気がする





どこぞの国と大して変わらんじゃないか…





マツキヨとかの薬局でうってるのやローソン100で売ってる卵のことね





期限切れでもちょっとなら気にせず食うな





26
卵の賞味期限は生食で食べられる期間だから火を通すなら思いっきり過ぎても余裕だしね。
そもそもの賞味期限に安全係数も取られてるだろうし。

常温が危険だと言っておいて店から家までの輸送温度に関しては記事でスルーなんだな。





所詮、消費期限なんてモンは、あくまで人間が統計的に決めた目安だからな。
基準がどうたら何て、文脈次第で変わるもの。





火通せば賞味期限かなり過ぎても大丈夫って聞いたから1週間くらい過ぎても食べる
生で食べる時は賞味期限気にするけどさ
今までそれでお腹壊したこともない





1-2
卵の保存性や衛生状態がどういうものかという、基本的な知識を欠いて不安を煽ってるだけ
素人談義も甚だしい

保存性:常温でも賞味期限より遥かにもつ。そもそも冷蔵庫に入れる必要性も低い
衛生面:日本の卵は生食出来るように諸外国と違ってわざわざ消毒してる

したがって記事で書いてるような懸念はない





保健所の食品衛生課に勤めていたことがあるうちの嫁は仕出し弁当に入っている卵は絶対食べない





卵を一日四個以上食うと必ず腹壊すわ
オムライスとかの焼き卵でもダメ





賞味期限前半は生で余裕、切れかけは必ず加熱する
これで腹壊したことないからどうでもいいわ





また河岸君の余計なウンチクかよ。
こういうオッサンは定食屋で、トイレに一番近いビールケースが積んである横で静かに食事しててほしいわ。





むしろ、痛んだ卵は見たこと無い。
どれくらい放置したら痛むの?痛んだらどうなるの?





超低確率の事象に怯えて、楽しみを減らすのはどうなの?





昔は、庭で飼ってる家あった





最近の調査結果だとサルモネラ菌が確認できる店頭売りの卵は3万個に1個だった筈。
100%絶対安全と言い切れないとか書かれてるけど確率0.003%を気にするなんて杞憂すぎるし。





1ヶ月も置いといたらヒヨコになっちゃうだろ!





玉子パックを真夏のクルマのトランクに置き忘れたら1ヶ月後には 
  ピヨピヨとはいでてくるんだろうな
試してみたい 





カラスとかの卵も大きさ同じかな





エサが米だと黄身は白くなるらしい





草の多い庭だとニワトリ食べるから 卵もミドリ色だし





黄身の色は飼料に関係してる
飼料米だと黄色くはならないね

昔から比べたら保存がよくなってるから
書未期限云々はおかしな話
アホみたいに大量買いしなければ問題ないよ





割れば分かる
分からん奴は何食っても同じ





産卵したのを洗って殻や中身をチェック(黄身が1つかどうか・黄身の大きさ等)する。
その後すぐ機械で今では1つ1つの卵の殻にチェック日や認識番号を印刷しているのが多いよね。
トレーサビリティとかが問題視されてから多くの会社が付け始めなかったっけ。





常温状態で販売されている卵は買わない方が良いのは事実だよ
サルモネラ菌が有るのは主に白身の方
目玉焼きなどで白身だけを確実に加熱してしまえばほぼ大丈夫だと思う。
常温保存の場合は、君の方にもサルモネラ菌が移り繁殖する。





いろいろ言っても結局健康なんだから何の問題もない





このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin