logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

「ゆとり教育」は間違いだったのか?

441view

更新日2017-01-23 18:17:00

まとめ人:HMTBさん   (0)

「ゆとり教育」は間違いだったのか?




文科省が「ゆとり教育」の方針に欠陥があったことを認めた

2月12日、文部科学省は「小学生の定着度合いを調べた実施状況調査」の結果を公表しました。
この結果は「脱ゆとり」と呼ばれる現行学習指導要領の成果を見定める一つの参考になるものですが、旧指導要領だった2005年公表の前回調査より学力、学習意欲ともに向上が見られました。
同省は「新課程の狙いが着実に浸透している」と分析しており、学力・学習意欲の測定においては、実質「ゆとり教育」の方針に欠陥があったことを認めたことになります。(略)

「詰め込み型教育」へ逆戻りしても問題を解決することはできない

では、これから教育はどうなるのか。1970年代までの日本の教育現場で取り入れられていた「詰め込み型教育」へ逆戻りするのでしょうか。詰め込み型教育は、基本的な内容を暗記し続けることによって、頭の中に多くの知識を残し、覚えるクセを身につけることや、想像(創造)するための材料を蓄積することに狙いがあります。生徒の習熟度を画一的・客観的に点数化しやすいというメリットがありますが、「学習意欲の維持が困難」というデメリットもありました。
やはりAとBを比べて、「Aがダメだから次はB」「Bもいまいちだから、やっぱりAに戻す」というような単純な論理では、いつまでたっても日本の教育にはびこる諸問題を解決できないでしょう。

「受動学習」から創造力を伸ばす「能動学習」への転換期が迫る

現在の学校教育の基本形は、明治時代に遡ります。その背景には「富国強兵」という我が国の政治的・経済的事情がありました。
欧米に対して早急に近代化を進めるために、一定の知的レベルの形成や、エリートを選抜し政府の役人や軍隊の指揮官を育てるための画一的な教育方法が行われました。これが現在でも行われている義務教育制度です。
これからの情報化時代、日本人として世界をリードする人材を育てるためには、創造力育成教育が必要だと考えます。
これは詰め込み型教育や脱ゆとり教育で解決できるものではありません。従来の一斉指導方法による「受動学習」から、創造力(考える力)を伸ばす「能動学習」に転換しなければなりません。能動学習を行うための自立学習支援eラーニングの活用など、根本的な教育スタイルの転換期が迫っています。(田中 正徳/次世代教育プランナー)

全文 exciteニュース/ジジコ
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20150221/Jijico_16259.html
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20150221/Jijico_16259.html?_p=2

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 12◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1422855104/877





間違い以外の何だと?





教員の質が問題なんだろうな。モノをよく見て考えて正しい判断する能力が欠けているのが多すぎる。





家庭科と技術科を削ったのが痛かったな





4
頭悪い上に裁縫も工作も満足にできないのかゆとりは





間違いなのは明らかだが
足りないのは知識を詰め込むことじゃなくて、
勉強、すなわち勉め強いる姿勢なんではなかろうか
嫌なことはやらなくてもいーよー、みたいなのを認めてしまったことというか





間違い。
創造力は知識の上に育つ。
知識ないのは想像力だよ。
あとある程度知識ないと社会で使えん。





ゆとり教育で教育水準が上がっているんだけど?





単に間が悪かっただけじゃないかな
そうまでして必タヒにならなくても、飢えない日本に住んでいるという安心感
そういう現在の状況の上に存在している連中だから
環境が過酷になれば本気出す奴も増えるんじゃね?





ゆとり意識はいいが
円周率を3にするとかありえない省略は完全に間違い。
良い部分と悪い部分が混在してたと言える。





「考える力」を育むのは良いと思うんですが
サヨク思想に偏った教育しているので
デメリットばかりが目立ったんだと思います

考えるなら、批判、議論が必要だと思うんですが
朝日新聞なんてロクに理由も無く主張、批判している記事を読ませたりしている時点でダメでしょう
どうせ慰安婦ねつ造も授業でやってないんでしょう?

今話題の事件がどうだったか議論したり、
少ししてから「当時は~という結論だったけれど、今の一般的な結論〇×だ。その上でどう考えるか。」
といった風にやらないと「考える力」なんてつかないと思いますけどね

今の学校の状況ではとても無理でしょう
現状だと「ゆとり教育」なんて害ばかり大きいと思います





苦手克服は反対だな





脱ゆとり教育となると、どんな授業をやるの?
高校数学なら、単に時間を増やして、教科書を厚くすればOK?





17
中学までは公文式みたいな機械的計算でOK
高校からは「そもそも数学って何なの?」ってのを考えさせなきゃダメだろ





18
中学数学で図形の証明問題やめちゃうの?
それは、ゆとり邁進じゃないかな?





緩めただけだから駄目だったんだろう





ゆとり教育によって引き起こされる諸問題のほうがもっと問題だから
廃止したんだろう。今頃なに言ってんだ。
そもそも日本の学校教育は昔から詰め込みじゃない。
体育や遠足で基礎体力と団体行動の基本を作り、道徳と掃除で共助と
公共の大切さを学び、家庭科や給食を通しての食育までおこなっている。
本来、個々の家庭でやるべき教育まで学校でやってるのは日本くらいだ。
本当の詰め込み教育ってのは、科挙の伝統が根強く試験結果で人生が
決まってしまう中国や韓国みたいなのをいうんだ。
だから「結果」のためなら不正やインチキも辞さない人間が量産される。
日本はそうじゃないだろ。





20
指摘されるとその通りですね
日本は遠足やら組体操もするし、
給食から、最近は「食育」の話も出てますね

そして中国の科挙は、詰め込み教育そのものですね
考え直すと当然の指摘なのですが気が付きもしませんでした





20
その通りなんだが、それが必ずしもそうならなくなってきた。
ゆとり教育で駄目になった部分が大きい。早い話が受験
教育だけ重視するようになってしまった。

特に理系教科を「暗記科目」と考える人間が増えたことは
大問題だと思う。理系こそ思考を試される分野であって、
ただひたすら公式と法則と専門用語、更には模範解答まで
丸暗記するだけの教育になっていったのが最大の問題だ。

上位校の方はまだ良いようだが、それ以外は理科を暗記
科目だと考える人間が増えたのは、誠に残念なことだ。





総合学習?または体験学習?は、続けていただきたいです。
まぁ、微々たる物ですが、社会勉強のために。





まあこれからだよ。
これから日本を良い方向に変えて行こう。
団塊世代も引退して来てるし。





今の日本は明治の途上国ではないのだから
いい加減お上が全てのカリキュラムを決定するという
発想自体を変えるべきだと思うんだが





26
現状では学習塾がお上以外の需要に対応しているよな





> 「詰め込み型教育」へ逆戻りしても問題を解決することはできない
勉強なんて嫌いな子供も多いから、義務教育に詰め込みの要素が入るのは必然。
どこまで詰め込むかという問題はあるけど。

詰め込みを否定すると公教育は崩壊する。
その自明な事実を無視して走ったのが「ゆとり教育」。





31
それはそうですよね
ある程度は"強制""詰め込み"の要素は入りますよね
私は毎週ある英単語テストが嫌でしょうがなかったですよ





ゆとり教育の成果ってあと10年ぐらいしないと分からんかな?
社会をまわしてる連中が入れ替わっていくから
その時わかるんじゃね、失敗だったか成功だったか。





結論から言えば間違いだったと思う。
毎日塾行かせてガリガリ勉強させろ、というわけじゃないが、
IT技術の進歩で空いた時間に塾の授業動画を見る事もできる。
もう教育の風景が変わってきている。

無理してでも詰め込むのがいいとはいわないが、今や無理なく詰め込める。





結局のところそれほど変化あるとは思えんのよね
何やっても勉強する子はするし、しない子はしない
ネット学習だって、ネット繋いでも
好きな動画は熱心に見るけど学習サイトにはアクセスしない
教育は家庭からしか変わらんと思う





ゆとり教育の問題は、それ以前に存在した「ある程度勉強する層」が崩壊して、
まったく勉強しなくなったこと。図式的に言うと、
ゆとり以前は
成績上位:勉強する、成績中位:そこそこ勉強する、成績下位:勉強しない
だったのが
成績上位:勉強する、成績中位:勉強しない、成績下位:勉強しない
に変わった。

35
> 結局のところそれほど変化あるとは思えんのよね
破滅的な変化があった。
> 何やっても勉強する子はするし、しない子はしない
両極端だけを比べても無意味。





壮大なる人体実験。





ゆとり教育の思想自体は間違いじゃなかった
ただやり方を間違えた

やるのであれば総学習量・学習時間・学習内容を減らさずに
義務教育期間を一年延ばすべきだったと思う

そうすれば詰め込み式の問題も解消できるし、今みたいに伸び伸びとしたまま
学習が浅くなる事も駆け足になる事もなく、暗記ではなくしっかりと
内容を理解し身に付ける事が出来ると思う





「学ぶ」ことはすべからく「まねる」ことに始まり、
詰め込みで引き出しが多ければ
「まね」から新しいものを想像するのに役立つ
これは日本の技術の生まれ方に極めて酷似していて
日本人の国民性にマッチした教育法だろう
ゆとりは能力の発芽の早い子供には理想的だが
まだ方向性も定まらない子供にはただの野放しで
安きに流れたら基本的な学力もない能なしを作る
ある意味「子供の能力に格差を作る」愚策で
ゆとり教育されてしまった子供たちは被害者だと思う





訂正

詰め込み教育ならど目的も手段も明確
個人の能力に応じて教育をすれば良かったのに反既存教育感情でゆとり教育やっただけ

可能な限り個別に対応した効率的な詰め込み教育を目指せばよかった
なんつーか遠回りなんだよな





ゆとり世代は年寄りに優しい孝行者が多い。
比べて団塊は薄情者が多い、すなわち団塊が高齢になった今、子供には頼れないが
孫にたよるんだ。でも孫の給料が安いのは団塊が食ってるせい。
どもならんなw





気まぐれまとめ