logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

【悲報】Windowsもはや「手遅れ」・・・

111view

更新日2017-01-23 10:15:00

まとめ人:HMTBさん   (0)

【悲報】Windowsもはや「手遅れ」・・・




http://toyokeizai.net/articles/-/70764

マイクロソフトはWindows10により、スマートデバイス向けにも一定のシェアを獲得しようとしているが・・・・。
アップルiOSとグーグルAndroid向けのアプリを修正して対応させることで次世代Windowsを成功させる・・・。
このマイクロソフトの計画を阻むものがあった。マイクロソフトが協力を必要としている主要ソフトウェア開発会社が関心を示してくれないのだ。
調査会社IDCによれば、Windowsのスマートフォンは昨年、世界のスマートフォンの販売台数のうち3%でしかなかった。
それに対してグーグルのAndroidを搭載したデバイスはおよそ81%、iOS搭載のiPhoneが15%だった。

なぜWindowsのシェアは低いのか
なぜここまで大きな差が付いているのか。その理由の1つに、Windowsのスマートフォンは、
ライバルより動作するアプリの数が少なく、魅力的なアプリに対応していないことがある。
スマホと次世代OSの売り上げを伸ばすために、マイクロソフトは4月、AndroidやiOSで動作するアプリに基づいて Windows用アプリを設計することを支援するツールをソフトウェア開発会社に提供する計画を発表した。
しかし、Windowsのスマホ利用者は非常に少ないので、開発会社のほとんどは普及しているシステムに集中し、 Windows用アプリを開発する必要を感じていない。また、新しいツールの使いやすさに疑問を持っているとも語る。

「Windowsのスマホは、まず相応の市場シェアを得ないことには、我々の時間や金を節約することにはならない」。
シティバンク、ニューヨークポスト、コンデナストなどの多数のアプリを開発している、
ニューヨークのアプリ開発会社Fuzz Productionsの取締役であるSean Orelli氏は、こう言う。
世界最大のソフトウェア会社であるマイクロソフトにとって、今夏に発表するWindows 10は極めて重要な製品だ。
Windows 10は、パソコン、タブレットおよびスマホで動作するよう設計されている最初のOSである。
ソフトウェア開発会社がこの新しいプラットホームを受け入れないならば、マイクロソフトが2~3年以内に10億台のデバイスに搭載されることを目指す次世代OSの可能性は著しく損なわれてしまう。

キャンディクラッシュはWindowsに移植へ
10社を超える開発会社にインタビューしたが、アップル向け、またはAndroid向けアプリからマイクロソフトにアプリを移すことを計画しているのは、1社だけだった。つまり英国のKing.comで、人気ゲーム『キャンディクラッシュ』を「ごくわずかのコード修正」で iOSからWindows 10に移植することに成功した。マイクロソフトは、 このゲームをWindows 10へのアップグレードで自動的にインストールするという。King.comはこの計画を認めたが、それ以上のコメントを拒否した。

また、8つの開発会社は、Windows 10用に開発する計画がまったくないと述べた。そしてWindowsアプリをすでに手がけている4社は、今後も続ける旨を表明した。
現在のところ、アプリをWindowsフォーマットに変換する新しいツールセットについてマイクロソフトが公表していないので、開発会社はどんな戦略も除外できないでいる。マイクロソフトのスポークスマンは、決めるのは「まだ早い」、今後数カ月間に多くのソフトウェア会社がツールについて検討することになるだろうと述べる。

マイクロソフトの理屈では、アプリが多くて魅力的なほど、Windowsのスマホやタブレットの購入者は多くなる。
iPhoneの無料アプリトップ10のうちWindowsのスマホで利用できるのは6つだけで、そのうち2つがマイクロソフト製だ。これまでマイクロソフトは開発会社に対価を支払うことによって、Windowsアプリを作らせてきた。

アプリ制作会社を引きつけられなくてもマイクロソフトにとって致命的ではない。自社のOffice製品、サーバーソフトウェアおよびクラウドコンピューティングサービスへの依存を強めているからだ。





しかし、2017年までにスマホの販売が6対1でパソコンを超えることが予想される現在、
それはマイクロソフトがパーソナルコンピューティングに対する影響力を失いつつある兆候かもしれない。

このような傾向のために、「開発会社がマイクロソフトのための開発リソースを優先することは難しくなる」。
アプリ間のリンクを作成するモバイル広告サービス会社URXの最高経営責任者であるJohn Milinovich氏はそのように述べる。

静止したビジネス
成長が止まったパソコン市場に密接に結びついているWindowsは、
マイクロソフトにとっては大きいビジネスであるが、静止したビジネスだ。専門家の予測によれば、今事業年度の予想年間収益930億ドルのうち、Windowsからの収益が200億ドルである一方、Office部門からはほぼ300億ドルが見込まれている。また、同社のサーバーソフトウェアとクラウドコンピューティング事業の成長ははるかに速く、クラウドコンピューティングの収益は2018年までに3倍の200億ドルになると予想されている。

マイクロソフトが準備しているとする新しいツールを確認したソフトウェア開発会社は一握りだけだが、ほとんどはiOSやAndroidのアプリをWindowsに容易に移せるとは考えていない。
そうした不信は、アプリの動作に必要なライブラリと呼ばれる既製ソフトウェアの集合をWindowsアプリがどう使うのかという疑問や、Swiftと呼ばれるアップルの新しい言語が近い将来、現在の言語に取って代わる計画などを原因とする。

プロジェクト管理のオンラインツールを作成している会社Smartsheetのモバイル部門トップErik Rucker氏は、「Windows版アプリの計画はない」と述べる。
同氏は、iPadやiPhoneのアプリをWindows用に修正することが容易にできるとは信じていない。
デバイスに密接に一体化したアップルアプリを移植するために「大量のコードを書く羽目になるだろう」と語る。

しかし、2017年までにスマホの販売が6対1でパソコンを超えることが予想される現在
それはマイクロソフトがパーソナルコンピューティングに対する影響力を失いつつある兆候かもしれない。

このような傾向のために、「開発会社がマイクロソフトのための開発リソースを優先することは難しくなる」。
アプリ間のリンクを作成するモバイル広告サービス会社URXの最高経営責任者であるJohn Milinovich氏はそのように述べる。


シアトルのモバイルアプリ開発会社General UIの総括管理者Jason Thane氏の考えでは、
他のシステム用のアプリをWindows用に開発するコストは、その設計コストの10~20%程度にまで下がる必要がある。
新しいツールをまだ使っていないThane氏は「別のプラットホームに移植するコストは、アプリを一つのプラットホームで開発するコストの50%以上になる可能性がある」と述べる。
「顧客が安く容易に移植できるような方法をマイクロソフトが持っていて、性能や機能性に対する大きな影響がないならば、それを使いたい者はたくさんいるだろう」。
しかし、小規模な開発会社にとっては、小さな追加の仕事さえ手に余るかもしれない。
主としてiPad用に設計されたプレゼンテーションソフトを作成する会社Haiku Deckを現在経営している、マイクロソフトの元幹部Adam Tratt氏も、そのように考える一人だ。同氏は「いつかは手がけたいが、まだ取り組んでいないことがある。それはリソースの機能だ」と述べる。

分が悪いマイクロソフト
最近の事の推移は、マイクロソフトにとって分が悪い。Pinterestは昨年、Windows Phoneの試験アプリを放棄し、Chase and Bank of Americaは今年、影響を受ける顧客はほとんどないとしてWindows Phoneアプリのサポートを停止した。
それらの会社のいずれもWindows 10向けのアプリに関する開発計画についてコメントしていない。

ただしマイクロソフトには、忠実な支持者が一定数いる。
ウォルト・ディズニー・カンパニー、ネットフリックス、USAトゥデイは、Windows 10用のアプリを開発する。

巨大メディア企業Gannett傘下のUSAトゥデイは、パソコン、タブレットおよびスマホの全部で動作する「汎用」アプリをWindowsのために制作している。
しかし、既存のWindowsアプリを再利用したり、アップルやAndroidから移植したりするかわりに、一から開発することを選んだ。





Gannettのモバイル開発マネジャーChristopher Kamsler氏によれば、
「最良の体験は、いつだって特定のソフトウェアシステムのために作ったツールによって達成されてきた。
われわれのアプリ開発チームは、そうしたツールを利用して、各デバイスで動くアプリを作り上げてこなければならなかったのだ」と述べる。

マイクロソフトにとって苦しい闘いになる、とハイテク調査会社ForresterのアナリストFrank Gillett氏は語る。





おまえらの一番のおすすめはウィンドウズフォンだったのにな





6
そら初耳だな。
俺の一押しはブラックベリーだった。(2003年当時)





PCの旧WINソフト資産をそのまま流用可能なモバイルデバイス
ってのは無理だったの? 今の機器は性能的にはイケそうだけど





8
CPUがインテルなら可能(適当)





スマホがキーボードの代わりの時代に





ライバル皆無なら勝機ありまくりやん
windows10が売れるのも決定的だし





手のひらで動くwindowsなら興味ある
つまり、windows phoneには興味ない





WindowPphoneやタブレットを売りたいが為に
デスクトップ用Windowsまでおかしな方向へねじ曲げてしまった





国内で重要なスマホゲーもAndroidやiOSばかりだな





Vistaの大失敗と8でのスタートメニュー問題、トドメはXP切り捨て。
ユーザが求めていることの逆ばかりやってきたことの報いだ。





XPを新しいPCに適合させるだけでよかったのになんで余計な機能を付けちゃったかな?
余計な機能を付けて複雑化させるのは家電の宿命なのか?





10年ぐらい前の本にMSは傲慢と怠惰の大企業病だって書いてあったの思い出した





セキュリティのしっかりしたスマホを出せば必ず需要はあるはずなんだけど
SNSの各アプリがそれと反対方向を向いてるからなぁ
SNSにさえ対応すればそれなりに乗り換えてくれる人はいると思うんだ、俺のように
俺ネットとSNSと音楽にしか使ってない
たまにFXもやるからこっちにも対応してくれないと困るけど
それは普及すれば直ぐにでも各社対応してくれるでしょ

まぁでもスマホOSで商売してる会社がセキュリティ緩くするように求めてるんだから難しいわな
そうなるとOSの特徴を出す余地が端末間の共通性の維持くらいしかない





MD推したソニーと被る
大成功しちゃうと難しい





手遅れですwindowsはPCのOSだけ作ってりゃいいんだよ
変な色気だして8みたいにすんなよ





8の糞っぷりが致命傷だったねw





8作った人は代謝





窓も林檎も駄目か、やっぱ最後に勝つのはGoogle?ww
総合的な事するとデスクトップが一番いいのに
バカが増えたのか、ジョブスの呪いか





コンシューマでのシェアが低いデバイスに
コンシューマ向け開発会社が開発しないのは当たり前

ビジネス向けだとWindowsとの親和性、
特に開発環境の共通化が図れるのはかなりのメリット

その開発環境も無償配布だから
コンシューマレベルでも趣味の開発者たちがアーリーアダプターとなって
普及していく可能性がある

だから早く日本でもデバイス売れ





いまどきプライベートでパソコンなんて使ってるのは40過ぎのおっさんだけだろ
煽り抜きで





32
スマホにせよタブにせよ、ちょっと使うには良いが、
効率が悪いからな
本格的に色々情報収集しようとするとパソコンだな





32
会社で支給される





Windows10ガラケーとか出来んの?





Excelの専用マシンで、Excelの専用OSだったから売れたんだ
そっちの性能を削り出してからまずいと思ってたよ





もう10年もたったらウインドウズなんて消えてそう。





windowsに特段の不満は無いよ
ただ、まったく同じ物が他社にあったとしたら
マイクロソフトのは買わないけど





グーグルとAppleが自動車作ろうとしてるから、そのうち自動車用OS主流になるのかな?

マイクロソフトは自家用のドローン型乗用ヘリでも作ったら?、家庭用航空OSはとれるかも。





性能を削ったというのは、妹が嫁いだからとかではないよ
Exchange serverなんかいらないのに、そっちで集計計算させようとか
いまのExcelってなんかおかしいんだよ、むかしみたいにネットなんかなくて
それだけでも集計できないと使えないよ





OSでぼったくりできた時代は終わったんだよ





まぁでも企業ユーザは今後もWindowsだと思うけどね。





過去のバージョンアップ商法+新OS向け規格を販売までにWindows社内ではきっちり教え、新OSが出たら自社製品も同時販売で他社開発業者を大切にしなかったのも開発者が嫌気がさした一つの要因だよ。





まあ、とりあえずスマホは捨て石にして
タブに注力すべきだろうね
実績上げたうえじゃないと無理だろ
タブであれば既存のWinアプリ使えるから
戦えるだろうしな





MSは、ロボ掃除機用とか家電用のOS出せば?





モバイル・タブレット・家電OSでシェア取れなかったら10年以内にwindowsがIT業界から消える可能性もある





Win10がwin7と同じ挙動でさらにこんな便利な機能追加!ってなると→フルプライスでも買うわ!となるけど
世界中の天才MIB卒が集まって出来たのが、カラフルなお風呂タイルってのはどうなってんだろうねぇ。
開発費削る為に一本化するわけだけど、その負担が何億というユーザーってのはMIBとかじゃ教えてくれないのか?





ベースはWindows端末で、仮想化してiOSとかをインスコして開発するんだろ?
なくなるとは思えない。それともMacの売上がうなぎのぼりなのか?





8タブレットをキャッシュバックにつられて買ってみたものの噂どおり本当に使いづらいw
大分時間が経ってるからアプリもいいものが揃ってるだろうと思ったら全然ダメw
「この小ささでウィンドウズのアプリが動きます!凄いでしょ!」って程度でしかない。
何なんだこれはw
結局泥タブばかり使っている。





OSでぼったくる時代じゃなくなったからな。
マイクロソフトは、Win10なんかいらないから(絶対売れない! サポートを確保するために
いやいや買う人が出るだけ)、
8.1と7をしっかりサポートし続けてほしいよ。
そうやって10年後にはマイクロソフト解散。
iPhoneとタブレットで、世の中の流れが変わったからもうマイクロソフトは無理。





スマホ&タブ使いでPC使えない奴は間違いなく頭が悪い。
人間より動物に近い。





MSの失敗はAppleとGoogleを序盤でぼっこぼこに潰しておかずに放置してたこと
独禁法とか無視して磨り潰しておくべきだったな





日本もなんか作れや





60
ほんとそれ





このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin