logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

【朗報】オランダに大便バンクが登場wwwwwww

131view

更新日2017-01-22 00:36:00

まとめ人:MoLineさん   (0)

【朗報】オランダに大便バンクが登場wwwwwww




http://www.gizmodo.jp/2016/02/poopbank.html

ちゃんと人のために役立つんです。

オランダで、大便バンクがオープンしました。といっても、うんちをお金みたいに溜めておいて後で引き出すとか、
運用して増やすとかいうことじゃありません。アイバンクとか骨髄バンクみたいに、
移植目的で体の一部を寄付するという意味での「バンク」です。オランダのライデン大学医療センターが、
Dutch Donor Feces Bank(NDFB、オランダドナー糞便バンク)を開設したんです。
うんちの移植、というのもバンクと同じくらいインパクトがあるんですが、
でもうんち移植がてきめんに効く病気があるんです。それはクロストリジウム・ディフィシル感染症という病気で、
抗生物質を使った治療の後に起こります。つまり抗生物質で腸内細菌バランスが崩れてしまった人の腸に、
健康な人の便に入っている腸内細菌を足してあげるわけです。ライデン大学のEd Kuijper氏によると
クロストリジウム・ディフィシル感染症患者への大便移植の効果は2013年に証明されていて、
オランダではすでに月3、4回ほど移植手術が行われているそうです。

実は米国にも、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が立ち上げたOpenBiomeという
大便バンクがすでにあります。MIT Newsによると、クロストリジウム・ディフィシル感染症患者は
米国では毎年50万人もいて、そのうち1万4000人が死に至っています。

でも大便の寄付とか移植ってどんな風にするんでしょうか? 思いついたときに自宅で
出したうんちをジップロックに入れて持っていく、とかじゃだめそうですよね。Open Biomeで
もオランダのNDFBでも、ドナーはまず問診や血液検査、そしてもちろん検便などで
健康状態を厳しく調査されます。その結果合格となったドナーは、OpenBiomeの場合でいうと、
自宅ではなく米国マサチューセッツ州にあるOpenBiomeの施設で便を出す必要があるようです。
その後は採取された便の加工や保存のプロセスがあり、必要になったら病院へ配送、
手術では大腸内視鏡を使って移植先の患者の十二指腸へと届けられます。
スクリーニングとか、施設に出向いての排泄とか、ドナーの負担は意外と大きいですが、
OpenBiomeはその分1便あたり40ドル(約4,800円)をドナーに支払っています。

でもお金というより、うんちで社会貢献できるっていうのが素晴らしいです。
うんちって、出すことは大事だけど、出たものは全然大事じゃないと思ってきましたが、
人を助けることもできるんですね。日本にもいつか大便バンク、できるでしょうか?





十二指腸

上から流さないと意味ないのね。





遺伝子解析は徐々に進みつつある
ま、腸内細菌も段々解明されるだろう
もう少しスマートなネーミングと洗練された技術が望ましい
大便移植だの、大便バンクだの、センスは下衆の極み





この大便オラんだ





やったぜ。





うんちという言い方より、うんこさんの方が上品な気がする





炭素に分解してジェラートで食べる





リアルうんこ製造機が生まれる可能性





これ、ものすごい効果あるから、いずれ日本にも来るよ。
ちまちまヤクルト飲んでるのがばからしくなるレベル。

保険適応の未来もあるかもな





「最上の名医」でもやってたなあ。
けどあれなんで打ち切り同然の終わり方したんだろ?





抗生物質の改良は限界なのか?





>大腸内視鏡を使って移植先の患者の十二指腸へ

もっと手前でいいと思ってたんだが、患者にとって結構苦しくないか?
まあ、手術よりは楽だが。





最新医療用「肥溜」システム





移植で痩せがデブにもなるんだとか
腸環境ってのは免疫であり、体質でもある





善玉菌だけを抽出してそれを他人の肛門から入れる技術はすでに研究されているが・・
オランダが先駆けてやったのか?





カレーに入れれば摂取しやすいだろ





肛門同士連結したら早いのに





このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin