logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

東日本と西日本でシャベルとスコップの呼び方が逆だと話題に!!

165view

更新日2017-01-21 22:44:00

まとめ人:MoLineさん   (0)

東日本と西日本でシャベルとスコップの呼び方が逆だと話題に!!




sssp://img.2ch.net/premium/8114876.gif
土や雪などを掘るための道具「シャベル」と「スコップ」。
形や大きさなどが両者の違いになっていますが、実は東日本と西日本で呼び方が真逆になっているとネット上で話題になっています。

東日本では大型のものを「スコップ」、片手で扱える小型のものを「シャベル」と呼ぶ人が多いそう。
ところが西日本では大きなものが「シャベル」で、小さな方が「スコップ」と呼ばれています。えええええ、そうだったの!?

果たしてどちらが正しいのでしょうか?
 1954年に制定されたJIS規格では足をかける部分があるものを「ショベル(シャベル)」、ないものを「スコップ」としており、厳密には大きさで区別しているわけではないようです。
また、地域によっては土などを掘る先のとがったものをシャベル、雪かきなどに使う先の平たいものをスコップと呼ぶこともあるもよう。

シャベルとスコップの呼び方が東日本と西日本で逆だと話題に 「小さい方がシャベル」「え、スコップだろ?」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/09/news099.html





布団掃除機はタコベル





シャベルな





円匙と移植ゴテで間違いはなくなる





ちなみにシャベルは英語 スコップはオランダ語な





お前らに縁がないのはチャペルとズゴック





スコップは小さい方だろ
スコップをシャベルとか言う奴はもう喋るな





どっちがどっちだかわすれた





ショベルカーてあるけどスコップカーて言わないよな





シャボー
スカッ





だいふきんとだいふきの違いは?





除雪用スコップはスノップ





パワーシャベルを考えれば答えはおのずと明らか





このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin