logo マイページ  ログイン  会員登録(無料)  スマホはこちら
  このエントリーをはてなブックマークに追加  
   

1982年に両さんが予言したことが現実に!!

195view

更新日2017-01-21 12:05:00

まとめ人:MoLineさん   (0)

1982年に両さんが予言したことが現実に!!




 1976年から『週刊少年ジャンプ』(以下、『ジャンプ』)で連載を開始し、今年で40周年を迎えた“こち亀”こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(共に集英社)。1982年に、同作の主人公・両津勘吉が語った夢が、「現実がギャグ漫画の世界と同じになってる…」「こち亀ってほんま凄いよな」「秋本治の先見性はガチ」と、今になって話題を集めている。

 今回話題となっているのは、1982年に発売された『ジャンプ』に掲載された「アンコール雪之城の巻」で飛び出した発言(コミックス28巻収録)。どのようなエピソードかというと、ボーナスの60万円で購入したテーブル型の業務用ゲーム機に興じる両さんは、「わしはTVゲームのプロになるんだ!」とイケメン金持ち警官の中川圭一に強く宣言。中川はあきれ顔で「プロ…になってどうするんですか?」と困り顔で聞き返す。そうすると両さんは、「21世紀はすべてがコンピューターだ」「だから先を読んでTVゲームのプロになる」と発言、中川もあきれるのであった……といった内容だ。

 もちろん現在は認知されているプロゲーマーだが、任天堂が「ファミリーコンピュータ」を発売したのは1983年、“ゲーマー”として最も早い段階に有名となった高橋名人も、“名人”と名乗り始めたのが85年ということを考えると、こち亀の先見性がいかに高いかわかる。

 これにはネット民も「これ割とマジで凄いよな。やっぱ昔のこち亀って神だわ」「秋本はタイムトラベラーだな」「今週のこち亀も面白かったし、このレベルの話を毎週考えるってすげーな。ほんと感心する」という声が続出。

 これまでにもこち亀では、80年の『ジャンプ』に掲載された「発明の日!の巻」(コミックス19巻収録)に、現在の「ルンバ」を連想させられる“自動掃除機”が出てきたり、96年に掲載された「ゲーム営業 両津!!の巻」(コミックス100巻収録)では“ゲーム内広告”が出てきたりと、なにかと現代に起こっていることを予言してきたのだ。

 さらに、96年掲載の「電脳ラブストーリーの巻」(コミックス98巻収録)では、バイクに乗ると性格が変わる男・本田速人が恋愛ゲームを購入し、とある一人の女性キャラにメロメロになり、ゲーム内でなぜかキャッシュカードのナンバーを聞かれて5万円の服をゲーム内で購入するというエピソードがある。そして、97年掲載の「超美少女SLG(シミュレーションゲーム)!!の巻」(コミックス105巻収録)では、柔道の達人・左近寺竜之介が「どきメモ」という育成ゲームをプレイし、お金を入れないと連続してプレイできなくなってしまうため、課金を繰り返すといった描写もある。このシーンに対しては、「完全にソシャゲだこれ」「ガチャソシャゲ予言してたな」「今のソシャゲ地獄の未来を予感してたんだな」といった声も上がっている。

「そりゃ何年も描きつづけてりゃ、後々的中するセリフになることもあるだろうよ」といった声があるが、現代のようにネットもない時代に、さまざまなジャンルやテーマを取り上げ、最先端の情報を集めていた“こち亀”に「マジで読むべき漫画だわ、昔の流行とか知れるし」との声も上がっている。現在199巻まで発売されているこち亀。すべて読み返してみれば、未来のビジネスに繋がるヒントが隠されているかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160613-00010003-otapolz-ent





警視庁もいいかげん亀有公園前に派出所作ったらいいのに。
わずかな経費ですごい宣伝になるぞ。





3
いまはもう「派出所」自体がない





6
派出所がなくなって交番になったとき「タイトルどうしよう」って話があったよな





18
実際にその回だけ亀有公園前交番
って名前にってなったてたよな





3

そこに配属される警官はたまんねえだろうな
一日中通行人の視線に耐えなければならないのだから

本物の交番は無理でも無人でいいから見てはみたいけどね





53
でも、勤務中に競馬新聞読んだり、プラモ作ったりしてても許されたりねw





60
ラサール石井みたいなリアル両さんになるような警官でないとネットで叩かれそう





3
警察って宣伝する必要ある?





(こち亀が実写ドラマになる事も書かれてたりするの?)





唯一外してる感じなのはあれだな
パチンコゲームでリアル商品と換金





8
あれはメーカー側の企画が失敗だったというオチだろ





絵崎教授のタイムマシンで未来に行った回で実用化されてた
ゼンマイ駆動の自動車がマジ実現しそうな気がする。





企業戦士ヤマザキに比べたらショボすぎる





今はもう見てもないけど、昔はほんと面白かった。
それにしても何巻ごろに見なくなったのかがわからない。





消防車でカレー配達が実現してたらな予言者になれた
プロゲーマーとか課金とか予言でもなんでもない





警察不祥事先取りしててすごい





こち亀は100超えたぐらいから、ちょっとおかしくなりはじめたな
50-80台が一番面白い





美少女ゲーが将来課金要求してくるのは俺もときメモ1出た当時から予想してたぞ
ただゲームと呼ぶのもおこがましいポチポチスマホゲーのガチャは予想出来なかったが
こんなのにハマる奴がこんなにいるとか頭いい奴は逆に予想出来ねぇよ





だいたい100巻あたりからおかしくなった。





82年に巡査のボーナス60万もあったん?
歩くキャッシュカード中川にはこづかいや





最近読み直したら90巻ぐらいでヘッツァーのプラモデル組んでて感心した





金入れないと先に進めないのはアーケードのゲームそのままだろ





じゃ、あと何年かすると初期のこち亀みたいにムカついただけで拳銃を撃ちまくる警察官が出てくるのか





カメラ付きラジコンも現実になったね。





休載ほとんど無い上にコマも小さくて起承転結がしかりしている
最近読んでないけどすごい漫画家だと思う
作者取材のため・・・とか言ってすぐ休載する最近の漫画家は見習ってほしい





40
出版社も悪い





40
もう「秋本治」という名前の法人なんだろ。中の人はいろいろで。





46
「アトリエびーだま」だな
あれが入るようになってからの両津の顔もダメ
ジャンプ本誌の左上の顔の頃が良かったと思ってる





高橋名人が素人だと思ってた奴ならこれで食えそうとか普通に考えるだろ別にスゴくないじゃん





43
82年だとFCも高橋名人もまだ登場してないから先見性はあったんじゃないかね?
ただゲームセンターあらしは既に世に出てたから、ゲームやって金を稼ぐ発想自体はあったよね





当時の予想より進歩が遅いって言われてるが





こち亀を読んでそれをヒントに作ったという面もあると思う。





俺はカブト虫四人楽団の話とフュラーリテスタオッサンドナイシテマンネンの話と海底にケンタッキーが出店してた話が好き





また実写やるらしいが特殊刑事を原作通りやってくれたら評価する。





カブトムシ取りに行くやつ好き





昔のは皮肉が効いてて今読んでも面白いんだけどなー





当時、麻雀ケームで勝つと設置しているお店からお金をもらえるってのが有った
インベーダの時からだっけ
当然、違法





アイマスの衣装課金?

百円とかなのに一億越えたんだっけ





タイムトラベラーだよ





企業戦士ヤマザキ

こちらはもっとすごいからな。

実現率93%だ。

実現しなかったのはリラックツだけかな?あと全部採用された。

HONDAなんて企業イメージフレーズぱくってやがる。佐野かよww





普通だったら定年か





最初はおもしろかったが
途中から全然おもしろくなくなって
見なくなった
30年以上前





70
それはお前さんの『感性』が変わったんだよ
それをこち亀のせいにしてるだけ
この漫画の本質は何にも変わってないよ





40周年ジャストにに200巻を出すために最近の単行本は17話収録で2冊分くらいある
ほんとはもう200巻超えてる





毎週やってんだからそりゃ1つや2つ予想が当たることもあるだろ





76
まぁ、お前のオツムじゃ一生かかっても1つも当たらんだろうがな





これが予言って・・・う~ん。
当時はこれはありうるな・・・って思ったし。

80年代にケータイ電話のエピソードがあれば、
すごすぎると思うけどなあ。





未来予測がどれぐらい難しいかってえと、クラークが外しまくってるぐらい難しい
こち亀は技術の伸び幅を想像するのがかなり上手だ





このまとめへのコメント

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

気まぐれまとめ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin